資金繰りはどのようなやり方で行えばよい?押さえておくポイント


会社経営において、資金繰りはまさに血液ともいえるものです。もし血液が枯渇してしまえば会社は存続の危機にたたされることになります。

資金がどのタイミングで必要になるのか把握しておき、よい条件で調達できるようにしておくことが求められます。

仮に資金不足でない場合でも、資金繰りは積極的に見直したほうがよいといえますが、どのようなやり方で行えばよいのか、資金繰りに必要なことを確認しておきましょう。

 

いつまでの資金を予測しておけばよい?

会社経営において、経営者自身が数字にはあまり自信がないと感じているケースもあるようですが、そもそも数字に関心を持つことが必要です。

最低でも3か月先までに必要な資金は把握しておき、常に頭に入れておくようにしましょう。

数週間や数日前になって、突然、資金が不足していることが発覚し、資金集めに集中しなければならなくなれば、本業はおろそかになるだけなく資金が調達できなくなる可能性もあります。

また、金融機関などに融資を申し込んだ場合にも、警戒されて信頼関係が崩れてしまうかもしれません。

もし銀行融資を考えるのなら、資金が必要なタイミングの2か月程前には銀行と交渉を始めることができるように準備しておくことが望ましいでしょう。

 

資金繰り表を作成した上での管理が大切

資金繰りを改善させたいなら、資金繰り表を作成することが基本です。資金繰り表を作成することで、近い将来資金が回るのか確認することができます。

また、売掛金の回収状況や買掛金の支払い状況、借入金からの資金調達や返済状況、設備投資の予定といった詳細も把握することができるでしょう。

将来の予測だけでなく、過去の実績まで記載しておくことにより、予測と実績にどのくらいの差が生じているか知ることもできるはずです。

資金予測を立て、計画、結果、原因の分析、その対策、そしてまた計画を立てるというサイクルが安定した経営基盤を作るために重要となります。

 

資金繰り表の作成方法

会社経営を行っていれば、色々な収支が発生することになります。仕入先や取引先などが多ければ多いほど、財務状況を明確に把握しておくことは難しくなるでしょうし、いくら規模が小さかったとしても経営者が頭の中だけで収支をすべて把握しておくことはできません。

一定の科目や区分に分類し、現金による収入と支出を表にまとめる資金繰り表はしっかり作成しておくことが大切です。

なお、資金繰り表に明確なフォーマットなどはなく、見やすい形で作成しても問題ありません。一般的には、次の6つの区分に分けて作成することが多いので、これらの項目は記載しておくようにするとよいでしょう。

  • 前月繰越(前月分から繰り越したお金)
  • 収入(事業に関しての収益)
  • 支出(事業に関する支払い)
  • 差引過不足(収入の合計から支出合計を差し引いた利益となるお金)
  • 財務収支(借入や返済金、設備投資などの収支)
  • 次月繰越(「前月繰越金+差引過不足+財務収支」による翌月への繰り越し金)

 

資金繰りのやり方の基本は資金繰り表の作成から

資金繰りにおいて資金繰り表の作成は基本中の基本です。紹介した項目を記載した資金繰り表を毎月作成することにより、会社の現金の流れを掴むことができるようになりますので、しっかり管理・作成するようにしましょう。