資金繰りとは|経理担当者に任せないことの重要性


資金繰りとは、仕入れ代金や従業員の給与、その他経費などの支払いを遅れることなく済ませることができるように、会社に入金と出金するお金の流れを把握して管理を行うことです。

もし資金繰りが悪化してしまうと、支払いのタイミングでお金が不足することとなり、慌てて何らかの方法で足らない分を補わなければならなくなります。

その際、銀行からお金を借りようと申し込んでも、すぐに融資を受けることができるかはわかりませんし、場合によっては審査が通らない可能性もあります。

会社の資金繰りやお金の管理は経理担当者にすべて任せるのではなく、経営者自身も把握しておかなければならない部分だといえるでしょう。

 

理想的な資金繰りとは?

理想的な資金繰りとは、本業の売上で生み出された儲けを新規事業や設備に投資し、そこからさらに資金を生み出す流れを作ることです。

そのためにも、経営者自身が資金繰りに取り組むことが重要となりますが、そのためには資金繰り表を作成し有効活用することが求められます。

資金繰り表とは会社のお金の入出金を記した表ですが、企業の収益と費用で損益を示す損益計算書とは異なったものです。

あくまでも、売上代金の入金や仕入れ代金の支払いなど、実情に合う現金の流れを記すものなので、損益計算書上では把握できない実際のお金の出入りを確認するために作成します。

 

売上と利益ばかりに注目し過ぎた結果…

決算書上は利益が出ているのに、手元の資金が底をつけば会社は倒産します。この状況を黒字倒産といいますが、反対に決算書上は損失で赤字が続いていたとしても、手元の資金が枯渇しなければ会社は倒産しません。

事業が好調で売上が向上していれば、経営者も売上と利益の数値を確認し、すっかり安心しきってしまいがちです。しかし、いくら売上があがったとしても、その代金が入金されなければたちまち会社は資金不足の状況に陥ります。

経理担当者だけに資金繰りを任せていた場合、資金が不足している状況の深刻さを把握できておらず、知らない間に倒産に追い込まれてしまう可能性も出てきてしまうのです。

 

経営者自身が資金繰り表から入出金の管理を

黒字倒産を防ぐためにも、経営者自身が資金繰り表を確認し、これまでの入出金の実績と今後の予定を把握しておくようにしましょう。

ある一定期間の入出金を確認することで、たとえば1か月のうちで支払いが多くなるタイミングなどを把握できます。

予定を立てるときには、損益計算書をもとに出入金の予定を見通しながら記していくと作成しやすくなります。

資金繰り表を作成することで、その後の予想や検証、財務体質の改善などを行うことができ、経営改善に繋げることができるはずです。

 

経理担当者だけに任せず経営者が取り組むべきこと

売上や利益の数値だけ把握していればよいわけではなく、実際のお金の流れを把握しておくことも大切です。経理担当者だけに資金繰りを任せず、経営者自身がしっかり実際のお金の管理を行うようにしましょう。