黒字倒産しないための対策として何を行うべきか


損益計算書では黒字でも会社が倒産してしまうことを防ぐには、事前の対策が必要です。

利益が出ているからと安心し、特に対策を行わなければ黒字倒産してしまうこともあります。

会社は赤字だから倒産するわけでも黒字なら安心できるわけでもないため、間違った経営にならないよう対策についても知っておくようにしてください。

 

黒字倒産してしまう主な原因

損益計算書で利益が出ているということは、売上もあがり順調といえる状態のはずです。

黒字であることは喜ばしい状態のはずが、倒産してしまうのは手元に現金が残っていないからといえます。

商品を仕入れたときの買掛債務や税金、借入金の返済などに充てる資金がなく、支払不能という状態になってしまい会社は倒産します。

その黒字倒産を起こす主な原因として考えられることはいくかありますが特に、

  • 売掛金の回収
  • 過剰な在庫

の2点には注意が必要です。

売掛金の回収が遅れないように対策を

売掛金は、商品を売ったときその代金をその場で受け取らず、一旦は債権とし後に回収することで発生します。

ただし売上は先に計上されるため、損益計算書上では現金が増えていないまま利益を発生させる要因といえるでしょう。

もし売掛金で計上した代金の回収が遅れれば、帳簿上は黒字なのに手元にはお金がないという状況を作ることになります。

そして売掛金を回収する期日より、先に経費などの支払いが発生することも、手元の現金を不足しがちな状態にしてしまう原因です。

できるだけ売掛金は早めに回収すること、遅れないように徹底して管理するといった対策が必要といえます。

過剰な在庫は黒字倒産を招く

商品を販売する機会を逃さないため、ある程度は在庫を保有しておくことは必要です。

しかしその在庫が過剰になりすぎると、現金化されない資産を抱えることになりますし、管理にもコストがかかります。

そして売上に対応した在庫しか費用として帳簿上に計上されないため、帳簿上は黒字なのに手元には在庫ばかり残り、現金不足という状態を作ることになるでしょう。

売れ残った在庫は早期に処分するなど、在庫管理を徹底して行うといった対策も必要です。

 

赤字でも倒産しないのはなぜか

黒字倒産してしまう会社もあれば、赤字でも倒産せず会社を存続させているケースも少なくありません。

赤字でも倒産しない会社は、

  • 必要な資金を調達できている
  • 自己資金が豊富にある
  • 現金化できる資産がある

といった特徴があります。

倒産は資金繰り悪化により手元の現金がなくなることで起きるため、帳簿上の利益にとらわれるのではなく、実際のキャッシュの動きを把握しておくことが大切です。