一人社長が抱える資金繰りの悩みを改善させる方法とは?


単独で会社を経営している一人社長の場合、相談できる相手もおらず、資金繰りについて悩みを抱えていることも多いようです。

会社を経営するには経営資源であるヒト・モノ・カネを確立させることが重要ですが、特に「カネ」の部分は事業を継続する上で非常に重要な部分です。

そこで、一人社長が抱えることが多い資金繰りの悩みの解消方法をご説明します。

 

黒字でも資金繰りが安定していないのは危険

仮に黒字経営だとしても、資金繰りが不安定な状態は危険です。「勘定あって、銭足らず」という言葉は、会計処理上は利益が出て黒字なのに、手元の資金は不足している状態を指します。表向きは儲かっているようにみえたとしても、実は黒字倒産という危機に直面している状態であるといえるでしょう。

 

利益と手元の資金にズレがあるのはなぜか

ではなぜ、会社経営においてこのような利益と手元の資金にズレが生じてしまうのでしょう。

実は、会計処理は発生主義の原則に従い、商品やサービスを販売・提供したときに収益を認識し、実際にその代金が回収できたときには収益を認識しません。

先に売上が計上され、その代金は数か月後に回収するという場合は、実際は手元に入金されていない状態で利益が発生することになります。このズレが資金繰りを悪化させてしまい、一人社長の大きな悩みの種になってしまうのです。

 

悩みの種である資金繰りを改善させるには

悩みを解決するためには、まず資金繰り表を作成することを検討しましょう。

資金繰り表では、

  • ・収入項目 現金売上・売掛金回収・手形入金・雑収入
  • ・支出項目 人件費・支払利息・買掛金支払・固定資産購入支出

などの項目を順番に記入していき、毎月集計していきます。

集計だけでなく分析と見直しを

ただ集計するのではなく、経費の見直し、売掛金回収や買掛金支払のサイトの見直しなど、資金がショートしてしまわないように分析と見直しが必要です。

もし資金繰りが苦しいなら、取引先に売掛金回収サイトと買掛金支払サイトを変更してもらえないか交渉も必要となるでしょう。売掛金は早めに回収、買掛金の支払いはできるだけ遅くが基本です。

取引先が首を縦に振らなかったら…

ただ、取引条件を変更しなければならないため、容易とはいえない手段です。

このような場合、買掛金の支払いよりも先に売掛金を前倒しして受け取ることができるファクタリングの利用を検討しましょう。

ファクタリングは、保有する売掛金をファクタリング会社に売って、入金期日よりも先に代金を受け取る仕組みです。手数料は発生しますが、本来の期日よりも前に代金を受け取ることで資金繰りが改善しやすくなります。

もし資金繰りで悩みを抱えているなら、まずは自社の現金の流れを確認し、改善できる方法を活用してみることを検討しましょう。