キャッシュフロー計算書と資金繰り表の違いとは?


キャッシュフローは1年間で生み出した現金のことで、どのように現金(キャッシュ)が生み出されたのか、その用途や残高をキャッシュフロー計算書に示されます。


しかし損益計算書上の利益はプラスだったとしても、手元の現金が同額残っているとは限りません。
決算期に帳簿上は利益が出ていてもキャッシュフローはマイナスという状況が連続して起きた場合、企業は存続不能に陥る可能性があります。黒字倒産という言葉のように、帳簿上は利益が出ているのに現金がなく倒産することもあるということです。
そのため財務管理をしていく上で、キャッシュフロー計算書や資金繰り表が必要になりますが、それぞれ何を分析するために必要なのか、異なる部分について理解しておくようにしましょう。

キャッシュフローとは?
キャッシュフローは損益計算書(PL)と貸借対照表(BS)で計算できますが、損益県産初では利益に伴う現金の増加、貸借対照表では資産や負債の増減に伴う現金の増加と減少が確認できます。これらを合わせたものがキャッシュフローになります。

キャッシュフローがあらわす数値の意味
キャッシュフロー計算書は、損益計算書(PL)と貸借対照表(BS)に次ぐ第3の財務諸表と言われています。
中小企業は作成義務がありませんが、現状の確認という意味でも作成しておくと良いでしょう。
投資家から見たキャッシュフローは企業の事業価値を計るものですし、金融機関から見ると返済能力を測るものです。
特に金融機関が審査を行う場合には、借入金が完済できるかの基準となるなど最も重視される数値だと言えます。

キャッシュフロー計算書と資金繰り表の特徴
キャッシュフロー計算書は過去のキャッシュフローの状況であるのに対し、資金繰り表はこの先キャッシュがどのように流れていくかを予測するものです。資金繰り表は未来情報でキャッシュフロー計算書は過去情報と言えるでしょう。
また、キャッシュフロー計算書は一般的には決算ごとの会計期間を単位に作成されますが、資金繰り表は日や週、月などそれぞれの単位ごとに作成されますので、会計期間とは関係させずに必要に応じた自由な期間での作成が可能です。このように対象となる期間も異なると言えるでしょう。

それぞれ重視する点が異なる
資金繰り表は資金残高がマイナスにならないことを命題にしますが、キャッシュフロー計算書はキャッシュの増減額についてはこだわらないという点も異なります。キャッシュフロー計算書でキャッシュがマイナスになった場合には、なぜマイナスになったのかという原因が重要になるため、重視する点も異なると言えるでしょう。

財務管理にはどちらも欠かせない
資金繰り表とキャッシュフロー計算書は、企業が経営していく上でどちらも現状を知り将来的な計画を立てる上で必要な書類です。
しかしそこから何を分析できるか、重視する部分などが異なりますので、それぞれの違いを把握しておくようにしておきましょう。