資金繰りの悪化に要注意!黒字倒産を防ぐファクタリング


資金繰りをうまく行うのは企業経営において最も重要なことです。資金繰りを適切に行わないと資金繰りの悪化から黒字になっているのに倒産してしまう黒字倒産という憂き目にあってしまうことがあります。黒字倒産を防ぐにはしっかりと資金管理を行うことが何よりも重要です。徹底した資金管理を行うように注意点を理解しておきましょう。

1黒字倒産の原因を知る

黒字になっているのに資金繰りが悪くなるというのは企業経営で頻繁に起こる問題です。資金繰りが悪くなるのは売掛金や手形などの支払いと利益の発生にズレを作る薬剤が原因で、どうしてもこのような取引を行っている以上黒字倒産などのトラブルを避けることはできないのです。

黒字倒産を避けるためにはまず、売掛金がどれだけあるのかをしっかりと把握しておくことが重要です。売掛金が発生していると支払いまでの間資金が不足した状態になってしまうので、売掛金が発生している時には資金管理を徹底しなければいけません。毎月固定の発注があり、売掛金が発生しているのであれば応対はそこまで難しいものではないかもしれませんが、急に大きな商品の発注があったり、急に大きなサービスの発注があった場合には売掛債権を適切にコントロールしなければ資金の不足に陥ってしまいます。

2ファクタリングの前にやりたいこと

黒字倒産の危機に陥りそうな場合にはまず、ファクタリング以外の方法をいくつか試すといいかもしれません。手っ取り早くできるものとしては支払いを早めに行ってもらうリスケジュールです。売掛先の企業から支払いを早くしてもらえると資金を獲得できるので、全部の企業だけでなくいくつかの企業のリスケジュールを頼むことで資金の獲得ができます。

また、支払いのリスケジュールも非常に有効です。手元に残されている資金の都合で、資金の支払いが遅れそうな場合に支払い先がスケジュール変更に応じてもらえる場合には遅らせてもらう事も検討してみましょう。

3ファクタリングを利用した資金獲得も有効な手段

様々な方法を行ってもなかなか資金が不足している場合にはファクタリングを考えてみるといいかもしれません。ファクタリングは売掛金をファクタリング企業に売却し、額面の金額に対して発生する一定の手数料を支払う事でできる売掛債権の売却で、現在当たり前に利用される資金獲得手段として知られています。

ファクタリングなどの資金獲得手段はバランスシートに悪影響を与えない非常に便利な方法です。手数料こそかかりますが、資金獲得を考える上で欠かすことができない方法なので、しっかりと有効活用するように気をつけましょう。