売掛金を担保にする融資とファクタリングとの違いとは?


近年では、銀行融資に依存しすぎないための資金調達方法として、ファクタリングなど売掛債権を活用する方法が多く利用されるようになりました。

実際、経済産業省も売掛債権を活用して資金を調達することを推奨するなど、国にも認められた手法といえますが、売掛金を活用する方法はファクタリングだけでなくABL(売掛金担保融資)という方法もあります。

ファクタリングとABL(売掛金担保融資)、それぞれどのような資金調達の方法なのか、その内容や違いを確認しておきましょう。

 

ファクタリングとは

ファクタリングとは、売掛債権譲渡取引なので、企業が保有する売掛金を売上代金が入金される前に、ファクタリング会社に売却して現金化する資金調達の方法です。

 

ABL(売掛金担保融資)とは

対してABL(売掛金担保融資)とは、「Asset Based Lending」の頭文字を取った略称で、売掛金を担保として融資を受ける方法を指します。

もし返済がなされなかった場合は、担保として差し入れた売掛金から返済資金を回収される形となります。融資を受ける際、担保として差し入れる不動産などの資産を保有していない中小企業などが活用しやすい資金調達の手法といえるでしょう。

 

ファクタリングとABL(売掛金担保融資)違い

ファクタリングとABL(売掛金担保融資)は、売掛金の売買なのか、それとも担保として融資を受けるのかが大きな違いです。

ファクタリングなら借り入れではないので、決算書の貸借対照表上の負債を増やさず、返済義務も負わない点はメリットといえるでしょうが、他にも次のような違いがあります。

審査基準の違い

ABL(売掛金担保融資)は融資なので、申し込み後の審査は利用者の返済能力を重視したものとなります。

対するファクタリングは、売却対象となる売掛金の回収可能性が重視されますので、売掛先の信用力が高いことが求められます。

銀行の審査に落ちた場合でも、ファクタリングなら利用できる可能性があるほど、審査は通りやすいといえます。

調達金額の違い

ファクタリングで調達できる資金は、あくまでも保有する売掛金の額の範囲内です。

それに対して、ABL(売掛金担保融資)なら、利用者の信用力が重視されるので、信用力が高いと判断されれば担保として差し入れる売掛金の額を超えた資金も調達できる可能性があります。

資金を調達できるまでの時間

相談、申し込み、審査、契約など、一定の手続きを比較した場合、資金が調達されるまでの時間はファクタリングの方が圧倒的に早いといえます。

ファクタリングであれば、正午くらいまでに必要書類を揃えて申し込みを済ませれば、即日現金化も可能というケースも珍しくありません。

ABL(売掛金担保融資)の場合は、2~3週間程は時間がかかることもあるため、その点は理解が必要です。

 

どちらも売掛金を使った資金調達の手法

ファクタリングとABL(売掛金担保融資)、どちらも売掛金を使った資金調達の手法ですが、その内容や調達までの流れなど様々な違いがあります。どちらが自社にとってよいかその後の資金の流れなども踏まえながら、総合的に判断するようにしましょう。