ファクタリングとは?悪徳な違法業者に騙されないために把握しておきたい仕組みをわかりやすく解説!


保有している売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらう仕組みがファクタリングですが、何となく流れは把握できても、実際にどのように現金化されるのか、利用することで何か問題は発生しないかなど、気になることもあるかもしれません。

確かにファクタリングはメリットが多い分、悪徳な違法業者などが詐欺の手口に利用するといった問題も起きていますので、騙されないためにもファクタリングの仕組みなどをしっかり理解しておくようにしましょう。

 

ファクタリングの仕組み

掛け取引によって発生した売掛金の支払いサイトは取引先との取り決めですので、その支払期日までは現金化されないのが一般的です。しかし、ファクタリングを利用すれば、支払期日よりも前に現金に換金することができますので、不足する資金を補うときに新たに借り入れを行う必要もなくなります。

 

ファクタリングを利用したほうがよいタイミング

もし、資金調達が必要になったとき、

  • 銀行融資は受けることが難しいので、借り入れ以外の方法を利用したい
  • 売掛金入金まで期間が空き過ぎていて資金繰りが悪化しているので改善させたい
  • 銀行や取引先に知られることなく資金調達したい

といった要望があるのなら、ファクタリングを利用することをおすすめします。

 

ファクタリングのメリット・デメリット

ファクタリングを利用することにおけるメリットは、売掛金を早期に資金化させる方法なので貸借対照表に計上されないこと、また、売掛先が倒産するなど売掛金が回収できなくなったとしても弁済を負担する必要はないことです。

反対にデメリットとして、入手できる現金は売掛債権額の範囲内に限定されること、利用する上で手数料が発生することなどが挙げられます。

 

ファクタリングには2社間と3社間がある

ファクタリングには売掛先の承諾を必要とする3社間ファクタリング、そして利用する事業者とファクタリング会社のみで取引を行う2社間ファクタリングがあります。

ファクタリング会社によって、2社間と3社間、どちらのファクタリングも利用できることもあれば、3社間のみの対応という場合もあるので、希望する契約が可能か事前の確認が必要です。

2社間ファクタリングの主な流れ

2社間では事業者とファクタリング会社が取引を行うことになるので、まずは売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらい現金化させ、後日、売掛先から本来の期日に支払われた売掛代金をファクタリング会社に渡します

3社間ファクタリングの主な流れ

3社間では事業者とファクタリング会社だけでなく、間に売掛先を挟んでの取引になります。

この場合、ファクタリング会社に売掛債権を買い取ってもらい現金化させるところは同じですが、その前に売掛先に対し、期日には直接ファクタリング会社に支払いをしてもらえるように承諾を得ることが必要となります。そのため、ファクタリングを利用する事実を売掛先に伝えなければなりません

売掛先に内緒でファクタリングを利用したいという場合には利用できないのが3社間ファクタリングの特徴ですが、期日には売掛先から直接ファクタリング会社に支払いが行われる方法のため、手数料は2社間よりも安くなります

 

ファクタリングにかかる費用の内訳

気になるのはファクタリングを利用する上で発生する手数料がどのくらいかかるかという点でしょう。

一般的な相場として、

  • 2社間ファクタリングは売掛債権額の10~30%
  • 3社間ファクタリングは売掛債権額の1~9%

程度であることが多いようです。

ただ、手数料はすべてファクタリング会社の報酬ではなく、利用するにあたり必要な手続きの実費が含まれていることがあります。

その1つが債権譲渡登記にかかる費用で、この登記手続きは売却対象となった売掛金が、また別のファクタリング会社でも売却されることを防ぐために行われます。

売掛金は売掛債権という権利としての資産のため、現物資産でないため二重譲渡が発生してもおかしくありません。もし売掛金が二重譲渡されてしまうと、本来の売掛金回収のタイミングで回収できなくなる可能性が出てきます。

そのリスクを回避するために債権譲渡登記が利用する上で必須となっている場合もあるため、注意しましょう。

発生する実費の種類

ファクタリングを利用する上で発生する実費には、

  • 登記費用
  • 交通費(出張依頼した場合)
  • 印紙代

 

などがかかります。

 

悪徳な違法業者を利用してトラブルに巻き込まれないために

以上がファクタリングの仕組みと、発生する手数料の相場や実費で発生する費用の内訳です。

ファクタリング会社の中には、本来のファクタリング取引とは思えないような内容での見積もりを出してくる場合があります。

たとえば2社間ファクタリングなのに、発生する手数料が5%以下など破格値といえる金額設定の場合や、反対に30%を上回る設定の場合、さらに見積もり段階できいていたよりも手数料が大幅に増える場合、契約になっても契約書の控えを渡してもらえない場合なども注意が必要です。

大切な売掛金という資産を売却する以上は、取引を行うファクタリング会社が本当に信頼できる相手か見極めることが重要となるでしょう。

 

まとめ

ファクタリングは売掛金が早期に現金化される資金調達の手法ですので、キャッシュフローが改善されやすいことが特徴です。

ただ、いざ契約という段階で想像していた内容と違っていた、ということのないように、ファクタリングの仕組みをしっかりと理解しておき、悪徳な違法業者に騙されないようにしてください。