ファクタリングは何の資金調達を目的として利用されることが多い?


売掛債権を売却して資金化することを可能とするファクタリングは、様々な資金ニーズの目的に利用されるようになりました。特に最近では中小企業の資金調達の方法として用いられることが多くなりましたが、ファクタリングを利用する目的は企業により様々です。

中小企業の資金需要は様々であり、用いられる資金調達の方法もいろいろです。その中で売掛債権を使うファクタリングでの資金準備はどのようなときに便利なのか、何の目的として用いられることが多いのかご説明します。

 

ファクタリングを資金調達に利用する目的で多いのは?

資金調達が必要になるときや、目的は企業により様々です。新規に事業を立ち上げるための資金や設備投資の資金、一時的な資金不足や運転資金の補填など、何が目的かにより利用する資金調達の方法も異なるでしょう。

一般的な資金調達の方法として知られているのは銀行融資ですが、ファクタリングを使った資金調達のほうがメリットがあるケースとは主に次のような目的のときです。

一時的な資金不足に充てる

そもそもファクタリングで売却対象となるのは中小企業や個人事業主などが保有している売掛債権です。売掛債権は将来入金される予定の代金とも言い換えることができますが、多く保有しすぎていたり入金までの期間が長く設定されていたり、そのような状況では資金繰りが悪化しやすくなることがデメリットです。

売掛債権を回収するまでの間にも仕入れ代金や人件費など様々な支払いは発生しますので、その支払いに充てることを目的とする資金が不足することもあるでしょう。

即日資金が必要という場合、売掛債権を早急に回収できれば…と考えてしまうところですが、取引先に直接交渉はむつかしくノンバンクのビジネスローンなどの融資に頼りたくなるものです。

しかしファクタリングなら、銀行融資のように財務状況を気にした審査は行われません。手数料は発生しますが、将来回収予定の売上代金を先送りで受け取るだけなので、借金を増やさない資金調達としておすすめできます。

審査のハードルも低く仮に財務状況が悪化していても通りやすいなど、運転資金や一時的な資金不足などの解消を目的として利用しやすい点も魅力です。

 

急いで資金が必要なら

ファクタリングは銀行融資と異なり、審査が柔軟で資金調達までの期間が短いことが特徴でありメリットです。

手形割引なども迅速性が高い資金調達の方法ですが、表向きは手形売買でも融資を受ける形となる点がファクタリングとの違いです。

ファクタリングなら売掛債権を保有していれば、大きな受注案件が舞い込んできたときなどでも、仕入れ代金に充てる急な資金需要を目的に利用できます。即日現金化対応のファクタリング会社なら審査も早く、急いで必要となる資金確保を目的としても使いやすいでしょう。

ただしファクタリング会社によって設定される手数料には幅がありますし、規制や免許なども不要な業界です。法外な手数料を請求してくる悪徳な業者も存在することがリスクでありデメリットです。

さらに法人のみ利用可で個人事業主は利用不可など、比較してみなければわからないことも少なくありません。なるべくコストやリスクを抑え、迅速に対応可能なファクタリング会社を利用するようにしてください。