ファクタリングで実施される信用調査で重視される項目とは?


資金の調達方法にファクタリングを利用する場合、ファクタリング会社に申し込みを行った後は信用調査が実施されます。

このとき調査の対象となるのは、ファクタリングを申し込んだ依頼者ではなく、主に売掛先です。

そこで、ファクタリングにおける信用調査の内容や、どのような項目を確認されるのかご説明します。

 

ファクタリングにおける信用調査の方法

ファクタリング会社が行う信用調査は、金銭的にどのくらいの信用を供与できるかを判断するために行われます。

ファクタリングで現金化されるのは売掛金ですので、最終的に売掛代金を回収できることが最も重要となるため、売掛先の信用度は重要な項目です。

登記情報や企業情報のデータベースである帝国データバンクなどをもとにした与信調査となるため、売掛先にファクタリング会社が連絡をして聞き取り調査を行うといったことはありません

依頼者の信用力も高いほうがよい

ファクタリング契約には、依頼者とファクタリング会社で取引を行う2社間、さらに売掛先も交えて契約する3社間があります。

どちらも売掛先を重視した信用調査が行われますが、2社間の場合は依頼者がファクタリング会社に代わって売掛先から売掛金を回収することになるため、依頼者の信用性もある程度重視されることになると理解しておきましょう。

 

与信調査で確認される項目

ファクタリングでは売掛先の信用力を図るための調査がメインで行われますが、その際に確認される項目として、

  • 自己資本比率
  • 利益額
  • 利益率
  • 余剰資金
  • 借入件数
  • 借入返済実績

などが挙げられます。ただ、ファクタリング会社によって審査基準は重視する項目は違いがあるようです。

 

信用力が高ければ買取金額も高額に!

ファクタリング会社で行われた信用調査により、売掛先の信用力が高いとみなされ、売掛金も確実に回収できると判断されれば、持ち込んだ売掛金は買い取られることになり現金化できます。

用力が高ければ高いと判断されるほど、買取金額も高くなるでしょう。

 

信用力が高いと認められる売掛金の現金化が吉!

ファクタリングを利用する際に実施される審査は、金銭の借り入れの際に金融機関などで行われる審査とは重視される部分が異なります。

そのため、お金を借りるときの審査よりもハードルが低めであることが特徴ですが、どのような売掛金でも買い取りの対象になるわけではありません。仮に売掛金を現金化した後で売掛代金が回収できなかったら、ファクタリング会社は大きな損失を抱えることになってしまうからです。

仮に買い取りの対象となったとしても、手数料を高めに設定され十分な資金調達に至らなくなる可能性もあります。確実に期日に回収が可能となる信用力の高い売掛先の売掛金をファクタリングに利用したほうが、満足できる資金調達に結びつきやすいということです。