ファクタリングで売掛先から売掛債権の回収ができなくなったら?


売掛金などの売掛債権を売却することにより、早期に債権を回収することで資金を調達できる方法がファクタリングです。

利用する側にとっては、入金期日を短縮でき、借金を増やさずに資金を調達できるといったメリットがありますが、どのような債権でもファクタリングに利用できるわけではありません。

ファクタリングで売掛債権を買い取るのはファクタリング会社ですが、買取代金を支払った後で売掛先が業績不振や倒産に至るなどで、売掛金の支払いができなくなる可能性もあるからです。

 

回収不能に陥りそうな債権は買取ってもらえない

売掛先が業績不振で実質的には破綻している場合や、法的にも破綻してしまった場合、ファクタリングでファクタリング会社が買い取った売掛金は不良債権となってしまいます。

不良債権とは、元本や利息の支払いが3か月以上滞っている貸付金などを指す言葉ですが、売掛先が破綻すればファクタリング会社は債権の回収ができなくなるので、不良債権を抱えることとなるといえます。

ファクタリングを利用する側は、そのまま保有していれば不良債権となった売掛金を先に現金化できるので、貸倒リスクを回避することができます。

ただ、このようなリスクがある債権はファクタリングの審査で買い取りを拒否される可能性もあるので、売掛先の信用力が重要になると理解しておきましょう。

 

保証ファクタリングなら不渡りリスクを回避できる

保証ファクタリングとは、取引先の信用調査と不渡りになったときの一定額の補償が行われるファクタリングで、債権に対してかけておく保険と考えるとわかりやすいでしょう。

もし売掛先に不安がある場合や、不渡りになりそうな債権などがある場合には、保証ファクタリングを検討してみてもよいかもしれません。

 

償還請求権があるかないかで対応は異なる

なお、不良債権となっても買取代金を返金しなくてよいファクタリングなのかは、償還請求権の有無によって異なります。

償還請求権とは、権利が消滅したことで債務を免れた債務者に対し、権利者が対価、または資金償還を請求することができる権利を指します。支払い義務者である売掛先から売掛金が支払われなかった場合、流通を反対にファクタリングの利用者までさかのぼり、利用者に直接代償の返還を請求する権利です。

 

ファクタリングで資金調達するなら

償還請求権ありのファクタリングを利用してしまうと、もし売掛先が倒産してしまった場合には利用者はファクタリング会社から返済を求められることになります。

ファクタリングを利用する場合には、償還請求権のないほうが貸倒リスクをより回避することができます。