ファクタリングを活用することで非効率な手形払いの廃止が可能!


これまで支払いに手形が多く用いられることが多かったのは、手元に現金がなくても事前に指定した期限を過ぎれば、指定した銀行で換金できる証書により支払期限の延長が可能となり、期限には自動的に口座から引き落としとなるため支払管理の手間も省けるからでしょう。

ただ、利便性が高いと思われる手形により支払いは、同時に不便さも兼ね備えています。そこでこの手形による支払いを廃止できる方法としてファクタリングを活用する企業も増えてきました。

 

手形を使った支払いのリスク

支払方法に手形が用いられた場合、その手形を受け取った企業としては少し不便さを感じることになります。その理由として、手形の場合、期限が到来するまで現金は受け取ることができませんので、入金されるまでのつなぎ資金を保有しておくことが必要となることです。

さらに手形の期限の到来するタイミングを把握し、管理していくことも求められます。その上、期限が到来しても相手会社が倒産すれば支払いを受けることができなくなるリスクを抱えます。

 

手形割引で早期に現金化は可能でも…

手形は支払いが先送りにされるので、期日まで入金がされないことで手元の資金が不足する可能性も出てきます。この場合、手形を早期に現金化する手形割引を利用することも可能です。

手形割引とは、発行された手形を金融機関などに手数料を割り引いた形により買い取って貰い、早く現金化させる方法です。期日を待たず現金を手に入れることができて大変便利ではありますが、問題なのは手形を振り出した企業が倒産してしまい、決済がされなかった場合です。

この場合、手形を振り出した企業が倒産したときの債権の保証リスクを背負わなければならないので、資金繰りに関するリスクを抱えた上での現金化となってしまいます。

 

ファクタリングが手形割引と大きく異なる点

このような資金繰りに関するリスクを改善できるのがファクタリングです。ファクタリングは保有する売掛金をファクタリング専門業者に売却して現金化する方法なので、手形割引と似た取引であることがわかるでしょう。

ただ、ファクタリングの場合には、売掛先が倒産してもその代金を肩代わりする必要がない点が手形割引との大きな違いです。

さらに、手形は一部だけ切り離して現金化させることはできませんが、ファクタリングなら売掛金の一部のみを現金化させることができるので、必要な資金の金額に合わせた資金調達が可能となり、発生する手数料を抑えることもできます。

 

非効率な手形払いを廃止してみては?

ファクタリングを活用することにより非効率な手形払いを廃止することで、手形を発行し、期日を管理すること、さらに領収書取得といった事務的な手間を削減することが可能となります。さらに印紙税や手形を郵送する際のコストも削減できるでしょう。