ファクタリングがむいているのは売掛金の回収期間が長い業種!


企業経営で資金繰りが悪化してしまう理由として挙げられる中に、売掛金の回収期間までが長いといった理由があります。

売上は計上されていて帳簿上は利益が出ているのに、その代金が回収できておらず手元の資金が不足してしまう…。このような場合、ファクタリングで資金調達すると期日までの期間を短縮できます。

売掛金の回収期間を短期化させたいとき、ファクタリングを使用せず直接取引先に交渉してしまうと、資金繰り悪化を勘繰られてしまいその後の取引に影響が出る場合もあります。しかしファクタリングなら取引先に知られず売掛金の回収期間まで待たず、現金の獲得が可能です。

そこで、どのような業種でファクタリングが利用されているのかご紹介します。

 

ファクタリングとはどのような資金調達の方法?

ファクタリングとは、翌月や翌々月に売掛先から入金される代金を、手数料を支払った先に受け取るといったイメージでしょう。手数料分、受け取る売掛金は目減りしてしまいますが、手元にお金がなく支払不能状態となって資金ショートを回避可能です。

売掛先からの入金期間までのタイムラグを解消できることがメリットであり、将来受け取る予定のお金を前倒しするだけなので借金を抱えず資金調達ができます。

 

売掛金回収までの期間が長い業種におすすめ

ファクタリングの仕組みからわかることは、ファクタリングで資金調達することが向いているのは売上計上から代金回収までの期間が長期に及ぶ業種です。

売上計上した代金を回収できるまでの期間は業種によって異なります。建設関係や運送関係、アパレルやイベント関係の会社などは回収時期が長めになりやすいので、ファクタリングでその期間を短縮させるとよいでしょう。

また、起業して間もない企業などは銀行融資を受けにくく、資金調達の方法が見つからず苦労することもあります。

このような場合でも、信用力の高い売掛金を保有していればファクタリングで資金調達が可能です。事業が安定し軌道にのるまで、ファクタリングをうまく活用して資金繰りが悪化しないようにしていきましょう。

 

ファクタリングの契約期間に制限はある?

ファクタリング会社の規定にもよりますが、一般的に契約期間は最低何か月といった制限はありません。ファクタリング会社に買い取ってもらう対象となる売掛金の範囲による期間で申し込みを行うことになります。

現在は資金不足でなく業績も上がっているから、融資を受ける必要もないしお金に関する不安を抱えることはないだろう…と安心してしまわないことです。

経済状況や市場の変化などで、一時的に資金が必要になる事態が訪れる可能性もあります。もし売掛先からの入金遅れが発生し、売掛金回収までの期間が延びてしまったらたちまち資金繰りは悪化してしまうでしょう。

一時的なつなぎ資金が必要というとき、融資を受けずに利用できるファクタリングという方法を知っておくと安心です。