ファクタリングで売掛金を現金化するまでの主な流れと仕組みを解説

ファクタリングで資金を調達するとき、どのような流れで売掛金が現金化されるのかご存じでしょうか。

銀行で資金調達するときと異なり、ファクタリングによる売掛金の現金化は手元の資金を増やすまで大変スムーズであることが特徴です。

そこで、ファクタリングで売掛金を現金化するまでの流れと、その仕組みについて解説していきます。

ファクタリングで売掛金が現金化される仕組み

ファクタリングは、売掛金をファクタリング会社が買い取り、その代金を利用者に渡すことで現金化されます。

ファクタリング会社は、利用者から提示された売掛金(請求書)が本当に存在するのか、未回収となるリスクの高い債権でないか審査を行い、買い取ってもよいと判断した場合に現金化し利用者に代金を支払います。

その際、手数料を差し引かれることとなりますが、法的に上限などは設けられておらず、ファクタリング会社独自の審査により決まることが特徴です。

未回収となるリスクの高い債権であれば手数料は高めに設定され、安心して買い取りができる債権と判断されれば低めに設定されることが一般的といえます。

ファクタリングの流れ

ファクタリングには、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがあり、どちらを利用するかによって現金化までの流れは異なります。

おおまかな流れは同じですが、売掛先が取引に絡むことになる3社間ファクタリングのほうが流れは少々複雑です。

2社間ファクタリングの流れ

2社間ファクタリングでは、利用者とファクタリング会社のみが契約して取引を行います。

そのため、申し込みから審査、契約締結、現金化までの流れが迅速であることが大きな特徴です。

  1. ファクタリング会社への相談・申し込み
  2. 買取金額の見積もりと確定
  3. ファクタリング契約の締結
  4. 売掛金の現金化と入金
  5. 後日売掛先から売掛金の入金分を利用者が受け取る
  6. 回収した売掛金をファクタリング会社にスライド

3社間ファクタリングの流れ

3社間ファクタリングでは、2社間ファクタリングにはない取引先への通知や承諾を得る流れが必要です。

その分手間や時間がかかる反面、手数料は2社間ファクタリングよりも抑えて利用できます。

  1. ファクタリング会社への相談・申し込み
  2. 買取金額の見積もりと確定
  3. 売掛先に対する通知と承諾
  4. ファクタリング契約の締結
  5. 売掛金の現金化と入金
  6. 後日売掛先から直接ファクタリング会社に売掛金が入金される

ファクタリングのメリット

ファクタリングで売掛金を現金化することには、次の4つのメリットがあるといえます。

  1. 手元の資金を増やせる
  2. 審査のハードルが低い
  3. 売掛金の貸し倒れリスクを回避できる
  4. 返済義務がない

それぞれのメリットについて説明していきます。

手元の資金を増やせる

ファクタリングで売掛金を現金化することにより、売掛先から入金される予定の期日を待つことなく、手元の資金を増やすことができます。

その際にファクタリング会社に支払う手数料は必要ですが、急いで資金を調達しなければならないとき、銀行融資などは審査に時間がかかってしまいます。

しかしファクタリングなら、早ければ即日現金化が可能になるなど、早急に資金が必要なタイミングでも対応できます。

審査のハードルが低い

ファクタリングの審査は、銀行から融資を受けるときのような厳しさはなく、ハードルが低いことがメリットです。

その理由として、ファクタリングで審査の対象となるのは、売掛先の信用力だからといえます。

ファクタリング会社は売掛金の未回収リスクを最も懸念するため、売掛先の経営・財務状況、支払い能力や取引規模などを審査していきます。

利用者が信用力に自信がなく、決算書が赤字のときなどでも資金調達に利用できることがメリットといえるでしょう。

売掛金の貸し倒れリスクを回避できる

ファクタリングで売掛金を現金化した後で、売掛先が倒産し売掛債権が貸し倒れとなっても、その責任を利用者が負うことはありません。

そのため売掛金を先にファクタリング会社に売却することで、未回収となるリスクを移転させることができるのはメリットといえます。

返済義務がない

ファクタリングはお金を借りる方法ではないため、当然、返済義務はありません。

契約で担保や保証人を求められることもありませんが、仮に要求された場合には、売掛金の買い取りを装う金銭に貸し付けです。

相手はヤミ金融業者である可能性が高いため、契約しないようにしてください。

ファクタリングのデメリット

ファクタリングで売掛金を現金化することにはいろいろなメリットがありますが、次の4つのデメリットには注意するようにしてください。

  1. 手数料が高め
  2. 売掛金が目減りする
  3. 債権譲渡登記が必要になる場合がある
  4. 売掛先との取引に影響する場合がある

それぞれどのようなデメリットがあるのか説明していきます。

手数料が高め

ファクタリングの審査は売掛先の信用力を重視するため厳しくないことがメリットである反面、銀行融資で支払う利息よりも高い割合の手数料が発生することはデメリットです。

できるだけ手数料を抑えるためには、信用力が高い売掛先の売掛金を売るようにしましょう。

売掛金が目減りする

ファクタリングによる売掛金の現金化では、将来受け取る予定の売掛金から手数料を差し引いた残りを受け取ることができます。

そのため本来受け取るはずだった金額が目減りすることは避けられないため、長期利用すると資金繰りが悪化してしまうことは留意しておいてください。

債権譲渡登記が必要になる場合がある

銀行融資で不動産を担保に設定するときには登記制度を活用しますが、ファクタリングと登記制度でも2社間ファクタリングで契約を結ぶ際には「債権譲渡登記」を求められることがあります。

3社間ファクタリングでは万一に備え、自社が買い取った売掛金であることを主張できるように売掛先に通知を行い、直接入金してもらうように承諾を得た上で手続を進めます。

しかし2社間ファクタリングではこの流れは存在しないため、法的にファクタリング会社が買い取った売掛金であることを証明するため、債権譲渡登記を必須としているファクタリング会社もあるといえます。

債権譲渡登記が必要な場合には別途費用が発生することとなり、十分な資金調達につながらなくなる可能性があるため、事前に登記の有無について確認しておくと安心です。

売掛先との取引に影響する場合がある

3社間ファクタリングでは、売掛先に対しファクタリング利用を通知し、承諾を得ることが必要です。

しかし売掛先にファクタリング利用の事実を伝えることで、資金繰りが厳しい状態で経営が悪化しているのではないかと懸念されるようになり、その後の取引に影響することもあるといえます。

そのため3社間ファクタリングを利用する場合には、売掛先から契約を打ち切られたり取引量を抑えられたりなど、その後の収益に影響を及ぼす可能性はゼロではないと理解しておくことが必要です。

売掛金を現金化するための悪徳業者を見極めるポイント

ファクタリングで売掛金を現金化するときには、悪徳業者とうっかり契約してしまわないことが大切です。

そこで、悪徳業者に騙されないためにも、次の3つをポイントに抑えた上でファクタリング会社選びと悪徳業者との違いを見極めるようにしましょう。

  1. 公式サイトで公開されている情報を確認する
  2. 手数料は相場の範囲か確認する
  3. 契約書に怪しい記載がないか確認する

それぞれの見極めポイントについて説明していきます。

公式サイトで公開されている情報を確認する

正規のファクタリング会社の多くは、インターネット上の公式サイトで所在地・代表者名・電話番号など様々な情報を公開しています。

その中には、これまでファクタリングを行った事例や過去の実績なども含まれますが、どのような運営がされているか確認するようにしましょう。

手数料は相場の範囲か確認する

ファクタリングで発生する手数料には、次のような相場があります。

  • 2社間ファクタリング 10~20%
  • 3社間ファクタリング 1~9%

この相場よりもかけ離れた高い手数料が設定されている場合、悪徳業者である可能性が高いといえるでしょう。

反対に手数料は相場よりも安いという場合でも、後に本来発生しない保証料や手付金など架空の費用を請求してくるケースもあるため、相場の範囲内か確認するようにしてください。

契約書に怪しい記載がないか確認する

ファクタリング会社と契約を結ぶと、必ず契約書の控えを渡してもらえます。

契約前には必ず契約書の内容に目を通し、担保や保証人、利息などの単語の記載がないか確認するようにしてください。

仮に担保や保証人を求められる場合や、ファクタリング会社に支払う費用が手数料ではなく利息の場合、ファクタリングを装う金銭の貸し付けを行うヤミ金融業者の可能性が高いといえます。

また、売掛金の「買取」による契約であることが必要なため、「譲渡」「売却」「移転」といった単語がなく、「融資」「貸し付け」などの単語があるときは契約しないようにしてください。

まとめ

ファクタリングは経済産業省も推奨している売掛債権を流動化する資金調達方法の1つであり、売掛金を現金化することで手元の資金を増やすことのできる方法です。

銀行から融資を受けにくい中小企業にとって、有効な資金調達の方法といえ、うまく活用できれば多くのメリットを感じることができるでしょう。

しかし2社間ファクタリングで債権譲渡登記が必要になると、余計な費用がかかり調達できる資金が減ってしまいます。

3社間ファクタリングは手数料が安いですが、売掛先とのその後の関係が悪化する可能性も踏まえた検討が必要となるでしょう。

さらにファクタリングを利用するときには悪徳業者に騙されないように注意が必要です。

売掛金の現金化を有効な資金調達方法にするためには、信頼できるファクタリング会社を選びは必須と理解しておきましょう。