売掛金の与信管理とは何を管理していけば良い?


与信とは文字通り取引先に信用を供与することです。売掛などで取引を行った場合、本当に将来その代金を回収できるか確実ではなく、取引先が代金を払ってくれないという「不確実性リスク」が伴います。
このリスクを回避と低減させるためには、取引先の情報を収集し、信用力や動向を予測するといった分析をした上で取引額を調整し、販売代金の回収が可能になるような与信管理が必要です。

与信管理とは?
与信に伴う信用リスクを管理することが与信管理ですが、売掛取引では売掛金の代金を回収できないといったリスクを管理します。
代金をしっかりと支払ってくれる取引先かという判断や、確実に回収するための管理だと理解しましょう。

・与信管理の流れ
①取引先の情報収集を行う
②情報から取引先の経営内容を評価する
③評価を基準に取引が可能かを判断する
④取引が可能と判断できた場合には取引条件を定める
⑤取引先の評価、内容、条件などを勘案し、与信枠として売掛債権の上限額を定める
⑥月末ごとに売掛債権の確認を行う

・どのような方法で情報収集を行う?
取引先の情報を収集する方法として、相手の担当者との商談や雑談から得た情報や、取引先に訪問した際の社内の様子や代表者の印象なども大切です。また、同業他社からの評価や周辺地域の人などから得ることができる情報にも耳を傾けましょう。
さらに取引先のオフィシャルホームページの閲覧、法務局などで取得できる商業謄本などの情報などで、内容に怪しい部分はないかを確認も必要です。

与信限度額の設定は?
売掛債権の与信限度額を取引先ごとに設定し、過度の与信リスクを負わないようにしましょう。
与信限度額は収益と与信リスクのバランスを見ながら設定していきます。この限度額を超えないように営業部門で取引していくことが必要で、超過や設定漏れがないことを確認していく管理が重要になります。
取引先に対する与信限度額は必要額だけれど安全な範囲内で設定することが必要です。今後の債権残の推移を予想し、季節ごとのバラツキなども踏まえた上で余裕を見て設定すると良いでしょう。

回収は期日までに行われているか
売掛金の管理を行う場合、期日までに回収できたかの確認が必要です。期日までに回収できなかった場合には、取引先に対して請求していくことが必要になりますが、次の支払期日を設定してもまだ入金されていない場合には与信枠の見直しが必要です。

売掛債権の時効にも注意を
なお、回収できない売掛金は時効対策も必要になりますので注意しましょう。債権の時効年数は種類によって異なりますが、売掛債権であれば2年が時効年数です。
時効の進行を一時的に停止するために、請求書は内容証明郵便で送付することによりまずは時効の成立を最大6か月延長することができます。
さらに時効の中断という手続きを取ることで時効がリセットされますが、裁判所が関与する際には費用などが発生するため回収金額とかかる費用を比較して検討しましょう。