有効な資金調達の手法であるファクタリングという言葉の意味や由来


保有する売掛金を資金化するファクタリングという手法は、近年、中小企業の間で効率的な資金調達の方法として活用されるようになりました。

しかし、一般的にあまり耳にすることのないファクタリングという名称は、どのような意味や由来で付けられたのでしょう。

そこで、ファクタリングという言葉の意味をご説明します。

 

ファクタリングはファクターからの派生による言葉

ファクタリングを英語にすると「factoring」になりますが、この言葉は「factor」からの派生による言葉です。

「factor」という言葉の持つ意味は、因数分解、要因、要素、代理人などですが、カタカナ英語としても「ファクター」という言葉は要因や要素という意味でビジネスの場面で使用されています。

では、「ファクタリング」というカタカナ英語の場合はどのような意味になるのかというと、売掛債権を買い取るサービスそのものを意味しており、サービスの内容としては代理人という意味と近いといえます。

 

ファクタリングに登場する売掛債権の意味とは

日本の商取引では、掛け取引が一般的です。先に商品やサービスを販売・提供し、その後、代金を請求する流れが掛け取引ですが、ここで発生するのが売掛債権です。

商品やサービスは販売・提供したけれど、その代金をまだ回収できていないことで、請求を可能とする権利が売掛債権です。

 

なぜファクタリングが資金調達に有効なのか

欧米では前払いが浸透しつつあるようですが、日本の場合は、商品やサービスを提供することが先です。

掛け売りの支払いサイトは、月末締め翌月末支払いの場合もあれば、月末締め翌々月末支払いという場合もあります。

月末締め翌々月末支払いであれば、仮に当月の月始めに商品を納品した場合、その代金が入金されるまでの期間は3か月かかることになるでしょう。

しかし、商品を納品する前の仕入れ代金の支払い日は先に到来することになるため、売掛代金が入金される前に仕入れ代金を支払わなければならなくなり、手元の資金に不足が生じる可能性出てきます。

 

手元の資金ショートで倒産することを回避するためにも

会社を経営していて、決算書が赤字続きの場合、このままでは倒産してしまう…と不安になるかもしれませんが、赤字が続いても手元の資金が尽きなければ倒産には至りません。

会社が倒産するのは、資金繰りが悪化し、手元の資金がなくなってしまった時です。仮に決算書は黒字だとしても、手元の資金がショートすれば会社は倒産します。

このような事態を防ぐために、ファクタリングを上手く資金繰り改善や運転資金確保に活用することを検討しましょう。