有効な資金調達の手法であるファクタリングという英語の由来


保有する売掛金を資金化するファクタリングは、中小企業の間で効率的な資金調達の方法として活用されるようになりました。

一般的にあまり耳にすることのないファクタリングという英語の名称は、どのような意味や由来で付けられたのでしょう。

そこで、ファクタリングという英語はどこからきた言葉なのか、その由来をご説明します。

 

ファクタリングはファクターという英語から派生した言葉

ファクタリング英語にすると「factoring」になりますが、この英語表記の言葉の由来は「factor」からの派生によるものです。

「factor」という英語の言葉が持つ意味は、因数分解・要因・要素・代理人などですが、カタカナ英語としても「ファクター」という言葉は要因や要素という意味でビジネスの場面などで使用されています。

そのファクターに現在進行形の「ing」を合わせた略語がファクタリングです。

「ファクタリング」というカタカナ英語の場合、どのような意味になるのかというと『売掛債権を買い取るサービスそのもの』を指します。サービスの内容をあらわす意味としては、代理人をあらわしているといえるでしょう。

 

ファクタリングで資金のもととなるのは英語で「Accounts receivable」

日本の商取引では、掛け取引が一般的です。先に商品やサービスを販売・提供し、その後、代金を請求するフローが掛け取引ですが、ここで発生するのが売掛債権です。ちなみに売掛債権は英語で「Accounts receivable」と表記します。

商品やサービスは販売・提供したけれど、その代金をまだ回収できていないことで、請求を可能とする権利が売掛債権です。

掛け取引において売上が発生したときの会計処理では、

借方:売上 / 貸方:売掛金

という仕訳をたてますが、この売掛金こそが売掛債権です。

 

なぜ資金調達に有効なのか

英語といえばアメリカですが、実は欧米では前払いによる取引が浸透しつつあり、日本のように掛け取引は主流ではなくなっています。

日本で行われる掛け売りで発生した売掛債権の支払いサイトは、月末締め翌月末支払いの場合もあれば、月末締め翌々月末支払いという場合もあります。

月末締め翌々月末支払いであれば、仮に当月の月始めに商品を納品した場合、その代金をキャッシュとして受け取る決済までの期間は3か月かかることになるでしょう。

しかし商品を納品する前に行った仕入れ代金の支払いは、売掛債権が入金されるよりも前に到来することになります。従業員に対する給与の支払いや家賃、水道光熱費などの固定費も同様です。人を雇用することになれば、求人などでお金が必要になることもあるでしょう。

そのため売上代金が入金されるよりも前に、手元の資金に不足が生じるリスクが発生するため、掛け取引によるデメリットを回避する方法としてもファクタリングが注目されるようになったのです。

なお似た手法に手形を銀行などの金融機関で割り引いてもらい、先にその代金を受け取る手形割引などもあります。ただし手形割引の場合、仕組みはファクタリングと似ていますが融資としてみなされます。それに対しファクタリングは、あくまでも所有する売掛金をファクタリング会社に売却する売買取引である点は大きな違いです。

 

資金ショートで倒産することを回避するためにも

会社を経営していて、決算書が赤字続きの場合にはこのままでは倒産してしまう…と不安になるかもしれませんが、赤字が続いても手元のお金が減少しても枯渇しなければ倒産には至りません。仮に赤字が億単位にのぼったとしてもです。

会社が倒産するのは、資金繰りが悪化し、手元のキャッシュがなくなってしまった時です。仮に決算書は黒字だとしても、手元の資金がショートすれば会社は倒産します。

このような事態を防ぐために、ファクタリングのメリットを活かし、売掛債権を現金化させて上手く資金繰り改善や運転資金確保に活用しましょう。金融機関からお金を借りなくても、ファクタリングなら資金調達が可能です。

英語表記の言葉であるファクタリングは、難しい方法と勘違いされる方もいるようですが決して面倒な手続きは必要なく、審査も柔軟なので早ければ即日資金調達できる便利な手法できてとても便利です。

ただし銀行など金融機関からお金を借りれば利息が発生するように、ファクタリングも利用すればファクタリング会社に手数料を支払うことになります。手数料が高く設定されてしまうと費用負担が重くなりがちですので、売掛債権の売却は手数料が安いと評判のファクタリング会社にまかせるようにしてください。