建設業サービスご利用事例

建設業

【ご利用事例】建設業の先出資金の調達

建設業 建設業

いつもお世話になっております。

ピーエムジー株式会社、パートナー事業部の柳本です。

ご利用事例をご覧いただきありがとうございます。

 

 

今回は、中小企業診断士のパートナー様からご紹介いただいたケースについてお話しさせていただきます。

 

建設業特有の仕事のばらつきにより、2か月間だけ入金が少なく、

外注業者への支払い等に使う資金を調達したいとご相談をいただきました。

 

ゼネコンの下請け業者として安定した売掛先との取引を継続してきたが、

コロナの影響により仕事が少ない月も増えてきた矢先に大口の工事の現場が決まり、

先出資金を調達する為、大口工事の発注書を基に銀行へ繋ぎ融資を打診しに行くが否決となる。

 

兼ねてより財務コンサルとしてお付き合いしていた中小企業診断士へ相談し、

一時的な財務改善にはとても有効であるファクタリングサービスの利用を勧めていただきました。

その結果、月末締め出来高払いの債権を活用し、複数社の債権を買い取らせていただき、

弊社にて資金調達することが出来ました。

現在、普段通りの銀行からの資金調達も難しくなっており、財務の予定を立てることすら難しくなっております。

会社を守り従業員を守る為に日夜奮闘されている経営者の皆様。

会社の存続の為の選択肢の一つにピーエムジー株式会社のファクタリングサービスを加えてみませんか?

 

資金調達も時代に合わせ多様化しており、目まぐるしく変化しております。

どんな些細な事でもご相談いただけましたら幸いでございます。

今回のように期間も決まっており、将来の展望の為の繋ぎとして使っていただくのが理想的な利用方法かなと思います。

 

 

今後もコロナによる影響が続くと思われます。

是非ご相談いただければと思います。

 

今後とも宜しくお願い致します。

2022.01.28

PAGETOP