中小企業が抱える一番の問題は資金繰り!解決するために必要なこと


中小企業が抱える多くの課題の中で、資金繰りに関しての問題は深刻化しています。中小企業の場合、構造的な経営課題に対して具体的な改善に取り組むことが必要とされますが、それに加え、資金を提供する側となる金融機関も中小企業に向けて積極的に融資を行うあり方が求められるところです。

会社の経営は現金に始まり、現金に終わるともいわれるほど、事業を継続する上で重要です。実際、経営者の多くが資金繰りに頭を悩ませており、本業に集中できる資金準備の整備が必要といえるでしょう。

 

開業資金を融資してもらえばゴールではない

もし会社を設立しようと思えば開業準備のための資金が必要です。しかし、そのすべてを自己資金でまかなうことは難しく、金融機関に融資を申請することが多くなるでしょう。

ただ、融資における審査では、会社を設立する上で資金をどのように使い、どうやって収益を生むのか、その先のことまでしっかり計画を立てた上で融資を行う金融機関の担当者を納得させることが必要となります。

それで開業資金の準備はできたとしても、順調に売上が上がるである程度の時間がかかるでしょうし、事業を継続する上での固定費の支払いにまた資金を準備しなければなりません。

想定していた通りの数字がだせないことによる資金不足

仮に想定していた通りに商品が売れず、赤字になってしまったり競合企業に顧客を取られるなどで取引が進まなかったりと、収益がさらに上がらない状況になれば資金繰りは改善されません。売上が安定しない状況においても、家賃や人件費、仕入れ代金などの支払いは発生し続けるため、手元の資金不足に苦しむことになるでしょう。

 

問題なのは何が原因で資金繰りが悪化しているかわからないケース

資金が底をつけばせっかく立ち上げた会社は倒産してしまいます。いったい何が原因で経営が悪化し、資金繰りが改善されないのか、原因が分かっていればそこから改善させることができるでしょう。

しかし、問題なのは何が原因で経営が悪化しているのか理解できていないケースです。商品は順調に売れているはずなのに、家賃や給料の支払いのタイミングでいつも手元の資金が不足しがちと言う場合や、帳簿上は利益が出ているのに資金繰りは改善されることがないという場合などが該当します。

何が問題かわからないまま時間が過ぎてしまうと、問題を解決させることはできないのでいずれ会社は倒産してしまうことも考えられます。まずは原因をつきとめることが大切です。

 

問題をつきとめ資金繰りを改善させたいなら

売上よりも資金繰りに悩む経営者は少なくありません。もし現状を打破するために資金繰り改善を検討しているのなら、今の経営方法で本当によいのかコンサルティングしてもらうことも考えてみましょう。

実績のあるコンサルタントに依頼することで、何が問題で経営が悪化しているのか、資金繰りをどのように改善させていけばよいのか、本当の解決策が見つかるかもしれません。