キャッシュフローと立替金、お互いに関係あるの?


キャッシュフローというのはいわゆる資金の流れのことで、資金をいかに活かすかと考える時に欠かすことができない着眼点です。資金獲得ばかりに目が向きがちなのが経営ですが、実は資金獲得以上にキャッシュフローの改善を行う方が利益を生み出す可能性が高く、より現実的に実行に移すことができます。資金獲得というのは非常に難しいものです。誰にでも着手できるキャッシュフローの改善についてみなさんに詳しくご紹介いたします。

1立替金ってそもそも何?

立替金というのは簡単に言ってしまうと会社が取引先や従業員が支払うべき金銭を立て替えているときに発生する考え方で、取引先の支払うべき手数料や雇用保険、従業員や役員が何かを私的に購入し、その費用の支払いを企業が行い、支払い待ちになっているときに会計上記載する金銭のことです。

会社側が一時的に何らかの金銭を融通しているので、企業にとってはいずれ手元に戻ってくるものの、動くことのない状態のお金になっているものです。立替金が発生しているときには本来であれば利益の創出に回すことができたお金が一時的に停滞してしまっていることになり、企業にとってはデメリットになってしまいます。

2立替金はどうやって処理するの?

立替金が発生しているということは、キャッシュフローが悪化している状態になっているということです。このため、立替金が勘定項目に並んでいるときにはキャッシュフロー改善のために一度改善を試みる必要があるのです。

立替金が発生しているときに一番手っ取り早いのは立替金の債務を追っている相手に支払いを求めることなのですが、このような応対はいつでもうまく行くとは限りません。立替金が発生しているときには経営が圧迫されているという認識を持って、しっかりと対応することが非常に重要なのです。

3立替金によってはファクタリングで解消できる

立替金の内容によってはファクタリングを利用して会計処理を行うことができます。ファクタリングを利用して取引先企業の支払うべき費用をファクタリング企業が支払うことで、資金の停滞を防ぐことができます。企業内部で私的な費用の立替を行うことを禁止するように対応したり、このようなファクタリングを利用してキャッシュフローの悪化を防ぐというのは非常に重要な対策の一つです。しっかりとファクタリングを有効活用できるように、日頃からファクタリング企業の性質について熟知し、ファクタリングを有効活用するように心がけましょう。