キャッシュフローが回らないことで起きる黒字倒産とは?


決算書上は赤字の会社でも、支払いに充てるキャッシュがなくならなければ倒産することはありません。

反対に、決算書上は黒字で売上が向上している会社でも、支払いに充てるためのキャッシュがなくなれば、黒字倒産に至ってしまいます。

黒字倒産を防ぐためには、キャッシュフローが回らない状況に陥らないことが重要ですが、キャッシュがなくなってしまうことを回避するために何に注意しておけばよいのでしょう。

 

黒字と赤字、そして倒産とは?

黒字とは収入のほうが支出より多くある状態を示し、反対に赤字とは支出のほうが収入より多い状態を指しています。

倒産とは、会社が財産を使い尽くしてしまうことで、借入金や仕入れにかかる代金などの債務を支払う必要があるのに、手元にそのための資金がなく活動を続けられなくなった状態のことです。

 

黒字倒産はなぜ起きる?

黒字倒産は、キャッシュの出入りのタイミングと、会計上の利益を計上するタイミングにが生じていることにより、帳簿上は黒字なのにキャッシュは底をついた状態になることで起きます。

そのため、損益計算書上の利益にばかりとらわれるのではなく、実際のキャッシュの流れであるキャッシュフローに注視しておくことが求められます。

キャッシュフローに影響するのは売掛金

キャッシュが不足する要因の1つとして、売掛金の代金を回収する時期と、仕入れ代金などの支払いのタイムラグが挙げられます。

取引が成立し、帳簿には売上として計上されても、その代金は売掛金として入金されていない状況が発生します。

その売掛金の支払いサイトが長ければ長いほど、入金までの様々な支払いに対応できなくなってしまうでしょう。

売掛金の支払いサイトを短期化することも必要

売上代金の入金より、仕入れ代金や給料、借入金の返済などのタイミングが先に訪れることで、キャッシュフローは回らない状態になりやすく、最悪の場合、資金ショートという局名を迎えてしまいます。

売掛金の支払いサイトを短期化できるファクタリングなどで、回らない状態となったキャッシュフローを改善させることも必要です。

 

利益よりキャッシュフローの確認を重視することも時には大切

黒字倒産を防ぐため、表向きの利益だけでなく、実際にキャッシュがどのくらい残っているのか注意を払うことが求められます。

決算においてはキャッシュフロー計算書を作成し、過去1年間のキャッシュの動きを確認することが必要です。

別途、資金繰り表を作成し、常にキャッシュの出入りを予測しながら、いつ入金があるのか、反対にキャッシュが不足する可能性があるタイミングはいつかを把握するようにしてください。

利益よりもついおろそかになりがちなキャッシュフローの確認は、売上を向上させ利益を上げることよりも大切なことだと認識しておきましょう。