企業経営で重要なのはキャッシュフローを予測すること!


会社の将来や資金繰りを考える上でキャッシュフローを予測することは重要なことです。ただ、収支を把握していればよいだけだろうと安易に考えていると思うように進まず、せっかく予測したのに成果が得られない可能性もあるといえます。

これまでのデータを適切に処理し、資金繰りを改善させ次の投資につなげていくことが理想ですが、キャッシュフローの予測を行うことができる会社こそ、将来伸びる可能性が高い状況にあるといえるでしょう。

 

キャッシュフローを知ることはなぜ重要か

事業活動などで得た収入と、経費などの支出など、現金の流れとそれによりいくら手元に資金が残るかを示すものがキャッシュフローです。

株式会社の場合、期末時点で残高が増えた傾向にあれば市場での評価も高まり、株価も上昇します。それほど重視される項目ともいえますが、現金は事業活動による儲けだけでなく、金融機関からの借り入れや株主から出資を受けた場合でも増えます。

反対に事業を営む上で必要な仕入れ、固定費など経費の支払い、従業員に対する給与の支払いなどで現金は減っていきます。

この現金の流出入をあらわすものがキャッシュフローですが、中でもフリーキャッシュフローがどのくらいあるかが企業経営では重要です。

 

特に重視したいフリーキャッシュフローとは

企業が本来行う営業活動から得た営業キャッシュフローから、事業を維持するために投資に充てたキャッシュフローを差し引いたものがフリーキャッシュフローです。

事業活動により得た現金の中でも、自由に使用することができる資金なので、安定したフリーキャッシュフローを維持させていきたいところでしょう。

キャッシュフローを予測する際、いかにこのフリーキャッシュフローを生み出すことができるかも考える必要があります。

企業経営において、利益、売掛債権、在庫、仕入債務、減価償却費などは、その後のキャッシュフローを大きく左右する部分であると理解しておきましょう。

 

大切なのはどのくらいの現金が残るか予測すること

キャッシュフローを予測する際、キャッシュフロー計算書を作成することを行います。それにより、資金繰りの状況を把握できるはずです。

損益計算書が示す利益や費用は、会計処理の決まりに従い計上・計算されるため、実際の現金の動きとは異なっています。そのため、損益計算書上は利益が出ていても、手元は資金不足というケースも少なくありません。

大切なのは実際の現金の流れを把握し、どのくらいが手元に残るか知っておくことです。キャッシュフロー計算書はその現金の実際の流れを示すので、事業価値を判断することにも繋がります。