売掛金が発生する掛け取引のほうが現金決済よりメリットは高い?


現在の会社の状況を把握したいとき、損益計算書を確認して利益を見るという経営者の方もいるでしょう。ただ、売上がどのくらい上がり利益がどのくらい出ているのか把握することももちろん大切ですが、本当に確認するべきなのは売掛金をしっかり回収できているかです。

会社は手元の資金がショートすれば倒産してしまうため、売掛金を早く回収することにいろいろなメリットがあることを理解し、どのくらい回収できているか確認するようにしましょう。

 

売掛金が早く回収されれば資金繰りが改善される

売上が増えることは会社にとっては嬉しいことです。ただ、掛け取引による売上が計上されると同時に、売掛金も増えます。

この売掛金は、いわば取引先に対してお金を貸しているのと同じことなので、回収できずに残ったままになれば手元の現金が不足してしまうことになってしまいます。

売掛金を回収するまでの間にも、会社は事業を営む上で必要ないろいろな経費の支払いを行う必要があります。そのため、売掛金を早期で回収できるようになれば、運転資金が不足することはなく、資金繰りが円滑になるというメリットがあるといえるでしょう。

 

すべて現金決済にしたほうがよい?

それなら現金で取引を行い、売掛金をなくしたほうがよいのではないか?と思うかもしれません。

もちろん、取引のたびに現金を受け取ることができれば、その後、発生する支払いにも対応できるようになるでしょう。ただ、請求書の発行や入金確認、会計処理、領収書の発行などは、取引のたびに必要となるので、事務手続きの手間が増えてしまいますし、ミスを増やす要因ともなってしまいます。

 

売掛金で処理することで事務手続きの手間を省くことが可能

一方、売掛金という形で処理できる掛け取引は、このような面倒な手間を月に1度にまとめることができるので、業務を効率化させることができるという点でもメリットがあります。

ただ、取引先との間で取り決めた支払いまでの期間が長くなると、入金されるまでの間に発生する数々の支払いに対応できなくなってしまう部分が問題です。さらに、取引先の業績が悪化して期日通りに売掛金の支払いがされなくなる可能性もゼロではありませんし、最悪の場合、倒産して回収できなくなるリスクもあると理解しておくべきでしょう。

 

回収までのサイトが長い売掛金は早期化させる努力を

売掛金が発生する掛け取引は信用取引で成り立つため、回収できなくなるというリスクが高い取引先かどうか常に情報を収集し、判断した上で取引を継続させていくことが重要であると理解しておいてください。

もし回収までのサイトが長い売掛金はできるだけ早く回収できるようにするのが資金繰りを改善させるために必要なことです。

取引先と交渉しても難しいという場合には、ファクタリングなどを活用することで上手く早期に現金化させていくようにしましょう。