【千葉県】建設業サービスご利用事例

建設業

アフターコロナの中でのご利用事例

建設業(千葉県) 建設業

平素よりピーエムジー株式会社のご利用事例をご覧いただきましてありがとうございます。

本社第2営業部4課の小原健輔と申します。

 

今回ご紹介させていただくご利用事例は、ダンプで建設業の残土等を運ばれている、千葉県の会社様です。

個人事業主としての期間が長く、法人化したのはここ最近の会社様です。

新型コロナウイルスの影響により、国はゼロゼロ融資を全国の中小企業に向けて配りました。

ゼロゼロ融資はその名の通り、実質無利子無担保で借り入れできる、コロナ当時の中小企業を救うために作られた融資でした。

しかし、そのゼロゼロ融資の返済ピークがちょうど今来ております。

国は融資の回収期間に入っており、逆にニューマネーが出づらい状態に陥ってしまっております。

これが昨今の貸し渋りの原因でもあります。

そんな時、ほかの資金調達方法はあるのか。

再度融資が引けるようになることをゴールと見据えると、これ以上決算書の負債部分を増やすべきではありません。

ビジネスローンは融資が引けなかった際の有効な資金調達方法と言えますが、

決算書の負債の部分に計上されてしまうため、融資をゴールとするのであれば最善策とは言えません。

そんな時に、弊社のファクタリングサービスが最善策と言えます。ファクタリングは「アセットファイナンス」という資金調達方法であり、

決算書の負債の部分に計上されません。流動資産である「売掛金」が「現金」に移動し、早期資金化できるという資金調達方法です。

「決算書をきれいにする資金調達」とも言われており、融資をゴールと見据えているお客様にとっては、最善なご提案ができます。

今回のお客様もまさしく「融資が引ける状態に持っていきたい」と仰られており、

「融資をゴールにし、中継ぎとしてファクタリングを使っていきましょう」とご提案しました。

アフターコロナと呼ばれている、金融機関からの貸し渋りが激しい今の時代で、

「また融資を引けるような状態にしたい」とご相談いただくことも多く、そういった時、ただファクタリングをご利用していただくだけでなく、

本業支援、経営支援、財務支援を付加価値としてご提案できるのが私たちの強みです。

実際に、今回ご紹介した千葉県の会社様は、まだ融資が引ける状態ではありませんが、少しずつ決算書をきれいにしており、

来年3月の決算後に再度融資の打診をする予定です。

そこまでのサポートを現在、全力でさせていただいております。

 

同じような金融機関からの貸し渋りについてのお悩みを抱えている方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

2023.09.22

PAGETOP