建設業サービスご利用事例

建設業

【ご利用事例】外装・外構をメインとする建設業のお客様

建設業 建設業

平素より弊社のご利用事例をご覧いただきまして誠にありがとうございます。

本社第ニ営業部一課の熊谷崇大と申します。

 

 

私が今回担当させて頂く事例は、建設業を運営している会社に関するものとなります。

こちらの会社は主に外装や外構をメインとしている会社になります。

今回、ファクタリングを利用になることになった経緯は来月から大きな案件を控えており、先出しの費用がショートするというお客さまでした。

コロナ融資の本格返済開始に加え、資材高騰や賃上げなど、多くの課題や問題から不安を抱えている中小企業は多くあります。

昨今、焦げ付きや入金ズレが起きた事での黒字倒産件数も増えてきています。

そのような影響を受け、従業員の給料、外注の支払いが間に合わない。

そういった声を多く聞きます。

 

そんな時に便利なサービスが弊社が運営してるファクタリングになります。

本来の入金日よりも前に資金化ができ最短即日で着金可能。

 

今回のお客様は毎月ギリギリでなんとかなってはいましたが、今回は大きな先出しがあるということで利用して頂きましたが、

経営をされてく上で社長は不安を多く抱えていると思います。

今後もし入金ズレがあった時の為に今回一度利用しておくことにより、実績作りをしてなにかあった時に手数料を抑えられる事、入金までの審査が円滑に行われる。

そういった今後の保険として今のうちから準備しておくとということでも便利なサービスとなっております。

 

「資金調達方法を一つでも多く知っておくことは損ではない。」

銀行からの融資以外にも、こういった資金調達サービスがあることを1人でも多くの経営者の皆様にご認知していただけたらと思います。

何かあった時では遅いです。

今のうちからの準備が非常に大事だと感じております。

そして、弊社の理念の一つである「傘備万全」は置き傘としての役割を果たすために作られた言葉になります。

この言葉を胸に1人でも多くの経営者様に傘を差し出せるよう今後も精進して参ります。

売掛金早期資金化

2024.01.12

PAGETOP