ご利用事例

2023.06.30 / 最終更新日:2023.06.30

【ご利用事例】埼玉県の建設業のお客さま

平素よりピーエムジー株式会社ご利用事例をご覧いただき誠にありがとうございます。

本社営業部 新卒の伊原です。

本日は埼玉県の建設会社様の申し込み事例をお伝えさせていただきます。

設立が20周年を迎えたお客様で、コロナの影響を受けたものの直近では全く資金に困っていない会社様の申し込み事例となります。

弊社のお客様で一番ご契約数が多い業種が、建設業です。

人材不足や資材の高騰、ガソリンの高騰、工事単価など様々な課題を抱えていますが、今回ご紹介するお客様は過去に入金ズレなどもなく、

しいて言えば閑散期にお仕事が繁忙期と比べると薄くなってしまうという相談を受けていました。

入社して初めての建設業の方とのご面談でとても緊張しましたが、共通の話題としてサッカーや家族、仕事への熱意等のお話で盛り上がり、

今思い出すと経った3か月の短い期間の中ではありますが1番楽しく面談ができたお客様だったと気づきました。

そんな中、コロナを乗り越えるためにコロナ融資をご希望通りに調達することができたお客様はこれから返済をしていくうえで資金繰りはもちろん

今よりも苦しくなるだろうなという考えもあり、それに向けて準備はしているところだよと仰っていました。

 

そこでピーエムジーの理念である傘備万全のもと無料口座開設を提案させていただき、申込を頂きました。

詳しくお話を聞いていると、常に最悪なケースを想定してリスクヘッジをしている方だと感じました。

なのでファクタリングという当日初めて聞いた言葉にもとても興味を持ってくださり、私の当時の拙い説明を私の目を見て真剣に聞いてくださったのでと思います。

ファクタリングには守りのファクタリングと攻めのファクタリングがあると私は考えています。

突発的な資金ショートなどから会社を守るファクタリング。

大きい仕事で先出費用も多く手元のキャッシュでは足りないが、この仕事をファクタリング利用し以前まで断っていたお仕事を受けることで

新しい取引先を開拓し、手元の利益だけではなくその先を見越した利益を生み出すきっかけを作ることができる攻めのファクタリング。

様々な用途に使用できる使い勝手の良いサービスだと思っていただいて

そのうえでお客様がファクタリングを使うイメージが湧いたからこそ、お申し込みをいただけたのではないかと私は思っています。

PMGではファクタリングをメインサービスとしていますが、中小企業支援機構を目指し経営に関する様々なサポート体制が整っております。

グループ会社では企業改善やM&Aも行っているPMG Partners。

豊富な経験に基づき財務面の立て直しを長期的な視点で資金調達計画の支援を行っているPMG Officeもございますので、お気軽にご相談ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

ピーエムジー株式会社
本社営業部
伊原 成哲