資金繰りがやばい!月末の資金不足はどのように補う?


月末が近くなると、そろそろ資金繰りがやばいと感じる経営者は、まず何を行うべきでしょう。

資金繰りは気がつかない間に悪化してしまうことがありますが、その多くは本業や現場の業務に没頭してしまい、帳簿上の売上至上主義で活動してしまうことにあるようです。

 

売上は増えていてもそれだけではダメ

資金繰りがやばいと感じるとき、その反面で売上は増えているのだから経営自体には問題ないだろうと考えてしまうかもしれません。しかし、本当にその売上で利益を取ることができるのか、売上代金はいつ回収できるのか、そもそも本当に回収できるのかなど、注意しておくことが必要です。

 

売上代金は本当に回収できるのか

売上はあがっていてもそれ以上に出費が多ければあまり意味がありませんし、もし売掛先が倒産や経営状況悪化などで代金を支払えなくなれば、売上代金は回収できなくなってしまいます。

また、売上代金の回収時期が遅くなれば、その間、様々な支払いは持ち出しとなり、手元の資金は減る一方です。

売上が増えることはよいことですが、そこばかりに目を向けるのではなく、キャッシュフローにも注視することが必要であるといえるでしょう。

 

やばいと感じる資金繰りを改善させるには?

会社の利益は収益から費用を差し引いた差額で計算されることになるため、資金繰りを改善するには収入を増やすこと、そして支出を減らすことが求められます。

 

収入を増やす方法

収入を増やすには、売上を増やすだけでなく売掛金を早く回収すること、借り入れや増資で資金を調達することが必要となるでしょう。

 

支出を減らす方法

支出を減らすには、役員報酬、税金や社会保険料、仕入代金、諸経費などの支払いを止めるしかなくなります。

ただ、支払いを遅らせることができる項目は限られていますし、その場はクリアできてもいずれは支払わなければならない費用です。その場しのぎではなく、資金繰りを改善させることができる方法を選ぶことも求められるでしょう。

 

資金繰りを悪化させない借入方法を選ぶ余裕はない

資金繰りを悪化させない借り入れであれば、長期で低金利、さらに元金据え置き期間などが設けられているほうがよいと考えることもあるでしょう。

しかし、月末の資金繰りがやばいという状況で、申し込みから融資実行まで1か月かかるような借入方法を選択する余裕はありません。

増資であれば返済する必要のないお金を得ることができますが、こちらも将来的な計画を立てた上でどのくらい株式を増やすのか検討する必要がありますし、増資するにあたって様々な届出や手続き、登記申請などが必要となり、費用や時間がかかります。

 

売掛金を早期回収する方法の検討を!

資金を早く調達しなければならないという場合、借り入れや増資という方法が難しいのなら、売掛金を早期に回収する方法を検討しましょう。

売掛先に早く代金を支払ってもらえるように交渉するのもよいですが、必ずしも交渉に応じてもらえるとは限りませんし、その後の取引に影響することを恐れ、言い出せない場合もあるでしょう。

その場合、売掛債権をファクタリング専門業者に売却し、入金期日よりも前に現金化できるファクタリングが便利です。

ファクタリング専門業者に支払う手数料は発生しますが、売掛先にも迷惑かけることなく資金を調達することができますし、即日現金化させることも可能なのでまずは相談してみてください。

 

資金繰りがやばいときに活用したいファクタリング

月末近くになると、資金繰りがやばいと感じて焦り出す経営者の方は少なくありません。そのような場合、借り入れなどに頼ることなく、本来入金される予定だったお金を早く手元に得ることができるファクタリングは中小企業に有効な資金調達の方法です。資金を調達する方法の1つとして、検討してみてください。