連続してファクタリングを利用するなら乗り換えも必要?


将来受け取る予定の売掛金。期日を待てば取引先から入金されることになるとはわかっていても、それまでの間の支払いに苦しさを感じる場合、前倒しして短期間で現金化できるファクタリングはとても便利です。

しかしファクタリングを連続して利用するとき、発生する手数料が高めければ十分な資金調達に繋がらなくなる可能性があります。このような場合、ファクタリング会社も乗り換えが可能であることをご存じでしょうか。

費用負担が重いと感じるならファクタリング会社の乗り換えを検討してみましょう。乗り換え前と乗り換え後でかかる手数料が大きく異なれば、事業継続に必要な資金を十分に調達することにつながります。

ファクタリングを繰り返し利用するパターンとは?

中・長期的に連続してファクタリングを利用する場合、先に何か月かけてキャッシュ・フローを正常化させるべきか計画しておきましょう。そうではなく毎月スポット的に契約を行い、少しずつに前倒しとなる金額を減少させていきたいと考えるでしょうか。
しかし、先に少しずつ正常化させるという計画や目標を立てておかなければ、前月に続きまた資金が不足したからファクタリングを利用するというパターンになってしまいます。結果として長期的な利用を招くことになってしまうため、資金繰りが悪化してしまう可能性が出てくるでしょう。

乗り換えを行うことによるメリット

いずれにしてもファクタリングを利用するには手数料が発生します。今利用しているファクタリング会社に支払っている手数料負担が重いと感じるのなら、次の売掛金売却以降の手続きを別のファクタリング会社に乗り換えることを検討しましょう。
銀行融資の借り換えや保険会社の乗り換えのように、ファクタリング会社も乗り換えをばより安い手数料でファクタリングを利用できメリットにつながります。

ファクタリング会社を乗り換える場合には、既存の手数料や買取条件を基準として設定される手数料が安いファクタリング会社を選ぶことが必要です。たとえば100~300万円ほどの取引を希望する場合には、3%以上は手数料を低減できるファクタリング会社か確認し、乗り換えを行えば負担を抑えることができメリットにつながるでしょう。

ファクタリング会社も乗り換え希望者の相談には応じてやすい!

ファクタリング会社側としては、契約した利用者が取引先から回収した売上代金をスライドして渡さず、そのまま使い込んだり着服したりといったことを恐れることとなります。
そのため、審査では取引先の信用力はもちろん、利用者の信頼度も確認することとなりますが、そもそも他のファクタリング会社で数か月すでにファクタリングの利用を行っていた乗り換え希望の利用者の信頼性は高いとみなされやすいです。
そのため、今後も安定して支払ってもらえる可能性が高いと判断され、手数料を下げてでも優良な顧客を獲得したいと考えるファクタリング会社も多いことから、乗り換え相談には積極的に応じてもらいやすくなります。