違法業者に注意!ファクタリングで回収した売掛金の分割払い


2社間ファクタリングの契約をした場合、売掛先から売掛金を回収したら、そのままファクタリング会社にスライドさせて支払うことになります。

しかし売掛金の入金期日にちょうど別の支払いを行うことが必要だったのに、資金が不足していたことからつい使い込んでしまったとします。

このような場合、ファクタリング会社に対して売掛金を分割払いで渡すことは可能なのでしょうか。

 

分割払いは融資とみなされることもある

結論からいえばファクタリングにおいて、売掛先から回収した売掛金をファクタリング会社に分割払いで渡すことはできません。

その理由として挙げられるのは、ファクタリングは融資を受けて資金を調達する方法ではなく、売掛金という資産を売却して現金化する手法だからです。

ファクタリングを利用する際に、ファクタリング会社には手数料を支払うことになり、その分を差し引いた残りが買取金額として利用者に支払われることになります。

そのため、ファクタリング会社に渡すべき回収した売掛金を分割払いにしてしまうと、金利が発生してしまうことになるので融資とみなされてしまうのです。

回収した売掛金はそのままファクタリング会社へ

ファクタリングは融資を行うわけではないので、本来、貸金業登録など必要ないはずです。しかし、融資とみなされてしまった場合には、ファクタリング会社が貸金業登録を行っていないことが問題視され、違法な業者と判断されることになるでしょう。

そのため、ファクタリング会社では分割払いで回収した売掛金を受け取ることは行っていませんので、必ず回収期日までにそのまま渡すことが必要です。

 

分割払いを勧めてくるのはヤミ金業者の可能性大!

ファクタリング会社を装い、融資を行おうとする悪徳業者には注意してください。

悪徳業者は、分割払いも可能としており、利息を支払ってくれれば元金は据え置くジャンプを勧めてきます。

利息を手数料という名称に換えて請求してくることもありますし、すべて支払おうとしてもわざと完済させずに延々と利息を請求しようとします。

貸金に該当するのなら貸金業登録を行っていることが必要ですし、利息制限法に基づいた金利の上限を守ることが必要となります。しかしこのような悪徳業者は貸金業登録も行っていませんし、法外な金利で利息を請求してきます。

分割払いをわざわざ勧めてくる場合は、ファクタリング会社の仮面をかぶったヤミ金業者である可能性が高いと判断し利用しないようにしてください。