ファクタリングで売掛債権を期日前に現金化するなら


売掛債権を専門業者に売却し、現金化させることによって資金を調達する方法をファクタリングといいます。

売掛金など売掛債権は、発生してから入金されるまで一定期間があいてしまうものですが、回収可能となる期日前に資金を調達できるため中小企業に注目されつつあります。

ただ、十分に周知されている資金調達の方法とはいえず、もし利用してみようか…と悩む経営者がいるのなら、ファクタリングの基本的な仕組みや内容を把握しておいたほうがよいでしょう。

 

売掛債権を現金化させるには手数料が必要

ファクタリングで売掛債権を売却した場合、そこから利用にかかる手数料分が差し引かれ、残りを受け取ることができます。

売掛債権を売却した代金から差し引かれる手数料は、ファクタリング専門業者が抱えることになるリスクを勘案された上で決定されます。

そのため、確実に期日に回収できる可能性が高い、信用力が十分な売掛債権を売却したほうが、手数料は抑えることができるでしょう。

未回収のリスクをファクタリング業者に移転できる

手数料は確かに発生しますが、先に現金化するということは、期日に売掛代金が回収できなくなるリスクをファクタリング業者に移転することが可能であるということです。

さらに借り入れを行うわけではないことから、貸借対照表で負債を増やすこともないため、借り入れを行うときのように財務面での信用を低下させずに資金を調達できることがメリットです。

 

ファクタリングと手形割引の大きな違い

ファクタリングと似た取引に手形割引がありますが、支払期日前の受取手形を金融機関に買い取ってもらい現金化させる方法です。

ただ、ファクタリングとは違って、もし手形の振出先が期日に返済不能となり、割り引いた手形が不渡りになったときには、その代金を返済しなければなりません。

ファクタリングは万一、期日前に売掛先が倒産するなどで支払不能となっても、現金化させた代金を返還する必要はないのが特徴です。

 

銀行融資が難しい場合でもファクタリングなら!

銀行などで融資を受ける場合には、厳しい審査で返済能力を認められることが必要です。
しかし、どの企業でも財務状況が良好であるとは限らず、お金を借りたくても貸してもらえないこともめずらしくありません。

その点、ファクタリングで行われる審査で重視されるのは売掛先の信用力ですので、自社の財務状況が悪化していたとしてもそれが直接影響して利用できなくなるといったことはないでしょう。

早期に資金繰りを改善したい場合や、すぐに資金を準備しなければならないという場合に有効ですので、借り入れ以外で資金を調達することを考えるなら方法の1つとして検討してはいかがでしょう。