ファクタリングで売掛金が現金化されるまでの流れとは


ファクタリングは、保有する売掛金を手早く現金化させることが可能な資金調達の方法です。

実際、資金を調達する上でファクタリングを利用してみたいと思っていても、流れなどがよくわからず一歩が出ないこともあるでしょう。

そこで、ファクタリングとはどのような流れで売掛金が現金化されるのかご説明します。

 

ファクタリングによる現金化の流れとは

まず、ファクタリングには2社間と3社間という2つの取引方法があります。どちらの形態で契約するかによって、契約した後の流れは大きく異なりますので、それぞれ確認しておきましょう。

2社間ファクタリングの流れ

  1. 商品やサービスの販売・提供により、取引先との間に売掛金が発生
  2. ファクタリングを利用する会社とファクタリング専門業者との間で、売却した売掛金の集金代行に関する業務委託契約を締結
  3. ファクタリングの実行により、ファクタリング専門業者からファクタリングを利用した会社に売買代金が支払われる
  4. ファクタリング専門業者に売却した売掛金の代金を取引先から回収する
  5. 集金代行業務により取引先から回収した売掛代金をファクタリング専門業者に支払う

3社間ファクタリングの流れ

  1. 商品やサービスの販売・提供により、取引先との間に売掛金が発生
  2. ファクタリングを利用する会社と取引先で、ファクタリング専門業者との契約に関しての承諾を得る
  3. 取引先とファクタリング専門業者との間でファクタリング契約の承諾を得る
  4. ファクタリングの実行により、ファクタリング専門業者がファクタリングを利用する会社に売買代金が支払われる
  5. 売掛金の支払い期日に、取引先からファクタリング専門業者に直接代金が支払われる

 

2社間と3社間の違い

2社間はファクタリングを利用する会社とファクタリング専門業者のみの取引となり、3社間ではそこに取引先が加わることになります。

もし、ファクタリングを行うことを取引先に知られたくないという場合には、2社間を利用すればファクタリング専門業者との契約だけで売掛金を現金化できるということです。

 

債権譲渡登記を行った場合はその後の抹消手続きも忘れずに

なお、ファクタリング専門業者によっては、ファクタリングを利用する場合に債権譲渡登記を必須としている場合があります。

債権譲渡登記を行った上でファクタリングを利用した場合には、売掛金の売却とその代金の入金が完了した後で、設定した登記記録を抹消することが必要となります。

もし債権譲渡登記でファクタリング専門業者がその売掛金の権利を取得したままになっていると、他の会社でファクタリングをするときにトラブルになります。

登記の抹消は1~2万円程度かかりますが、忘れないように手続きを行うようにしてください。