ご利用事例

2021.10.29 / 最終更新日:2021.10.28

売掛債権資金化サービスを初めてご利用したきっかけ

いつも弊社のご利用事例をご覧いただき誠にありがとうございます。

ピーエムジー株式会社 反響集客課の渡辺です。

 

 

今回は2人のお客さまのご利用事例を共有させていただきます。

 

1人目の方は建設業のお客さまです。

9月からコロナも落ち着きはじめ仕事も徐々に増え、順調かと思っていたところでした。

3社売掛先がある中、1社から今月だけ入金日をずらしてほしいと連絡が入ったそうです。

固定費は払えるが、これから大きな工事を請けるのに仕入れ等の先出の支払いが厳しくなってしまう。

せっかくの大きな案件が入るのに請けられなくなってしまうと、早めの資金調達を希望されていました。

そのお客さまは資金調達の問い合わせをされたり、利用するのも初めてで、右も左も分からない状態でした。

売掛債権の早期資金化サービスを知らなかったため説明をすると、

ぜひ詳しく話を聞きたいとおっしゃってくださり、希望の金額も大きかったためその日のうちにエリア担当を向かわせ、

お会いすることが出来ました。

 

 

2人目の方は福祉事業のお客さまです。

助成金が今月入ってくる予定だったのが、まさかの期日が来月に延びてしまい、急いで資金調達を探していました。

入ってくることを前提に計算をされていたため、急な資金ショートになってしまうとかなり不安がられていました。

助成金が入るまでの繋ぎ資金ということで1人目のお客さまと同様、サービスのご案内をしました。

 

 

どちらの方も迅速な対応をとらせていただき無事、希望の期日までに資金調達することが出来ました。

 

このお二人に共通していたのが

「入ってくると思っていたものが延ばされてしまった」こと。

また「売掛債権の早期資金貨サービスを知らなかった」ことです。

 

 

自分の会社は大丈夫だろう、そんなこと起きないだろうと思っていても、

このご時世に限らず何が起きるか分かりません。

取引先のご都合で予定が変更になることもあります。

今回事例に挙げさせていただいたお客さまも、こんなことになるとは思わなかったとおっしゃっていました。

もちろん使わないに越したことはありませんが、

災害などの防災グッズを持っておくのと同じように知っておいて損はありません。

 

また弊社は金融総合サービスとして、売掛債権早期資金化サービス以外もご案内できるサービスが増えました。

お客さまとその時だけのお付き合いだけではなく、ピーエムジーを選んでいただいたからには

その後のサポートも責任をもってお手伝いさせていただいています。

 

経営者さまにしか分からない責任とお悩みたくさんあるかと思いますが、

些細なことでも結構ですのでそのような時はピーエムジーに心置きなくご相談ください。

 

私共もお客さまと一緒に更に大きくなれるよう日々精進して参ります。

 

長くなってしまいましたが、最後までご愛読いただきありがとうございます。
今後ともピーエムジーをよろしくお願いいたします