今日のPMG

2022.10.14 / 最終更新日:2022.10.14

過剰債務を抱えた「ゾンビ企業」16.5万社と推計

いつもピーエムジーオフィシャルブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

ピーエムジー株式会社 営業マーケティング課の小笹です。

 

 

一つ前の投稿にマーケティング課の紹介をしておりますが、今年の4月に立ち上がった部署で日々奮闘しています。

 

その中で、複数の媒体に目を通し情報収集したものからお客様により役立つ情報や、興味深い話をピックアップしてお届けしております。

 

中小企業の破綻増加やコロナ融資の後遺症に身構えている銀行の貸し渋りなどの記事がより一層増えてきております。

新型コロナウイルスで、ゼロゼロ融資という応急手当を受けたが、経営改善が見込めず、

返済が始まり過剰債務を抱えたゾンビ企業が増加して、帝国データバンクはその数を16.5万社と推計されているとのことです。

 

 

政府は外国人観光客の受け入れ制限を緩和したり、感染者や濃厚接触者の自宅待機期間の短縮を打ち出したりと、

経済活動の正常化が着々と進む一方、金融機関は「ゼロゼロ融資の後遺症」(メガバンク幹部)に身構えているそうです。(「日経ビジネス」より)

 

 

また、弊社のグループ会社であるPMGPartnersで、ゼロゼロ融資を受けた中小企業の経営者1007人を対象にアンケートを実施いたしましたが、

返済に不安を抱える回答が74.6%を占め、

「日々の資金繰りに充てていて返済できない」

「返済が始まっているが、売り上げが下がり続けていて今後は分からない」といった声が多く、

返済の目途については「立っていない」との回答が32.3%となりました。

 

 

アンケートや累計データをみても、多くの企業が不安と経営とに向き合っていることが分かります。

 

私たちピーエムジーは一つでも多くの企業を救いたい、支えていきたいと強く思っております。

ファクタリングサービスは、何かあった時の為の保険、選択肢の一つと考えていただきたいです。

また、弊社はファクタリング以外にも、様々なサポート体制をもっております。

 

銀行との付き合い方や、販路先のご紹介など、お気軽に弊社担当者へご相談ください。

 

お客様が為になる、知れて良かったなと思っていただけるよう、私たちマーケティング課も精一杯励みます。

 

今後とも弊社を宜しくお願いいたします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ピーエムジー株式会社
営業マーケティング課
小笹 由季恵