今日のPMG

2018.03.13 / 最終更新日:2020.10.16

年度末にご注意を!!! まだ間に合います!!!

日頃、ピーエムジー株式会社のオフィシャルブログをご愛読頂きまして誠にありがとうございます。
ピーエムジー株式会社 営業部の藤嶋です。

本日は、タイトルに関連するこの二つ「売上が減少しやすい2月と8月」「年度末の税金や社会保険の取立て」 の関係性についてお話をさせていただければと思います。

まず、はじめに「売上が減少しやすい2月と8月」についてでございますが
2月と8月に売上が減少する理由として、
2月は12〜1月までに出費がかさむ行事
(クリスマス、忘年会や新年会、お正月などなど)があり、2月は出費などを抑えようとするため売上が減少。また2月は月の日数も28日間と少なく売上が減少になることも理由の一つと考えられますね。
また、もう一つの理由としては、季節的に2月は寒く消費者の購買意欲が下がることも理由として挙げられるようです。
8月は季節的に暑く消費者の購買意欲が下がるため売上減少。さらにお盆もありお店に行く方が少なくなるというのも理由としてあるようですね。。。

ここまでは、ご経営者様も想定内かと思います!!!

ここからです。

そんな時期に、、、タイミング悪くも、、、
「税金や社会保険料などの取立て」が見事にくると思います。むしろ?!狙っている?!のではないかというくらいですね。

当然、税務署や保険事務所と打ち合わせをしているご経営者様であれば問題ありませんが、全ての方がそうではないかと思います。 やはりこの昨今、ご経営される上で税金や社会保険料の支払いは避けても避けられぬ課題だと思います。
また、収支のバランスが崩れかけてしまう月などは、優先的に従業員のお給料や外注先、仕入れ先に支払いをせざる終えない状況もあると思います。

もちろん
滞納してしまった税金や保険料は
「売上が増加した時に払おう」
「来月にまとめて払おう」
「とりあえず連絡が来た時に払おう」
「連絡が来てから相談しよう」
とはじめのうちはお考えになられるのではないでしょうか?

が、しかし、、、!!!

「気づいたら、4ヶ月分税金を滞納してしまっていた」
「分納で約束したが収めることができない。きつくなってきた」
「きつい取立てにあい仕事に集中できない」
「差押えをすると担当者に言われてしまった」
「免許などの取得に支障がでてしまう」
「滞納が原因で銀行融資がうまく進まない」

などなど。。。。

あげればいくつも出てくるかと思います。

しかし、当然ですが税金や保険料は支払わなくてはいけないものです。

「このような事で悩んでいらっしゃるご経営者様へ」

まだ間に合います!!!

弊社ピーエムジー株式会社のファクタリングサービスをご利用してみてはいかがでしょうか!

業界最安値のお手数料と経験豊富なスタッフが必ずご経営者様のお力になれると思います。
また、弊社ではファクタリングサービス以外にもコンサルティングをしております。
何でもご相談くださいませ。

少し不安なご経営者様へ
まずは、お問い合わせでも構いません。
一緒に二人三脚で経営を改善していきましょう!!!

最後までご愛読いただきありがとうございます。 皆様のご相談、心よりお待ちしております。

 

営業部 藤嶋