ファクタリングは不良債権でも買い取ってもらえる?


保有する未回収の売掛金をファクタリング会社に売却し、資金調達するファクタリングというサービス。資金調達に利用したいけれど、どうせ売却するのなら回収不能となり不良債権と化した売掛金を売りたいと考える方もいるかもしれません。

ただ、ファクタリングで不良債権は利用できず、売掛先から入金期日に代金が回収できる売掛金が対象となります。

このような回収不能となった売掛金などの債権は、ファクタリングではなく債権回収会社に依頼することになるので、ファクタリングと債権回収会社(サービサー)の違いを理解しておきましょう。

 

ファクタリングで対象となる債権とは

まずファクタリングでは、買い取りの対象となる債権は支払い期日から遅延していない売掛債権(売掛金)です。

ファクタリングをサービスとして提供しているのは、金融機関やファクタリング専門業者などですが、機関や業者により取り扱うファクタリングの種類は異なります。

ファクタリングの種類

ファクタリングには次のような種類があり、おもに資金調達で利用されるのはファクタリング専門業者が扱う買取ファクタリングですが、他のファクタリングの内容も把握しておきましょう。

保証ファクタリング

売掛債権を保証するファクタリングなので、売掛先が倒産し売掛債権の回収ができなくなったときに、保証金額の範囲で保証を受けることができます。

買取ファクタリング

主に資金調達として利用されるファクタリングで、売掛債権そのものをファクタリング専門業者などに買い取ってもらい、支払期日より先に現金化させて資金を得ることができます。

国際ファクタリング

取引先が海外の場合の売掛債権を保証するファクタリングで、L/C(信用状)より手続きが簡単であり、代金の回収も確実となることが特徴です。

 

債権回収会社(サービサー)とはどのような業務を行う?

法務大臣から許可を得た債権回収会社が行う債務の取り立て業務で、債権を買い取ってもらうこととなることから、不良債権が回収されるまで待たなくても資金化させることが可能となります。

対象としている債権は、次のような特定金銭債権です。

  • 金融機関などの保有している(していた)貸付債権
  • リースやクレジットの債権
  • 特定目的会社が流動化対象資産として保有している金銭債権
  • 法的倒産手続き中の方が保有する金銭債権
  • 保証会社や金融機関などが保有する求償債権
  • その他、政令指定で定める金銭債権

不良債権はファクタリングでは利用できない

ファクタリングと債権回収は対象となる債権や、利用する機会などが異なります。

ファクタリングで特定金銭債権を利用したくても、ファクタリング会社は買い取ることができませんし、反対に債権回収会社に売掛債権を持ち込んでも買い取ることは不可能です。

どちらも資金を先に得ることに変わりはありませんが、売掛金を期日よりも早く資金化させたいのならファクタリングを利用することとなり、不良債権の回収を待たず早く資金を得たいなら債権回収会社を利用することになると理解しておいてください。