ファクタリングという資金調達で使う言葉の意味とは?


ファクタリング(factoring)は近年中小企業などで資金調達の方法として注目されている言葉ですが、その意味をご存知でしょうか。

多くファクタリング(factoring)が活用されてきたことは知っていても、言葉の意味までは知らないという経営者もいるでしょうし、深く意味まで考えたことはないという方がほとんどでしょう。

そこで、ファクタリング(factoring)という言葉はどのような意味を持つのか、仕組みと名称のつながりや由来についてご説明します。

 

ファクタリングはファクターから派生した言葉

ファクタリングの意味を考えたとき、まず英語表記の言葉であると考えられます。実際、英語にするとファクタリングはfactoringとなりますが、この言葉はファクター(factor)から派生した言葉です。

ファクターとは、因子・要素・要因という意味を持ち、商取引においては仲買人・代理商・問屋といった意味でも使われています。

ファクタリングは、保有する売掛債権を売却し現金化させて資金調達する方法のため、代理商という意味で付けられたと考えられるでしょう。

カタカナ英語のファクターの意味

カタカナ英語のファクターとは、ビジネスの場面ではコンサルタントなどが主に使っている言葉です。ではどのような意味をあらわすために使うのかというと、たとえばリスク要因となるものをリスクファクター、経済を成り立たせる要素を経済ファクターという言葉に置き換え使っていることが多いといえます。

 

どのようなサービスなのか

ファクタリングには買取ファクタリングや保証ファクタリングなど種類がありますが、ファクタリング会社が売掛債権を買取ることで現金化され売却した利用者は資金を調達できる仕組みは買取ファクタリングで行われます。

売掛債権とはまだ回収していない売上代金を相手に請求できる権利であり、自由に第三者に譲渡することが可能である資産です。

日本の商取引では先に商品やサービスを販売・提供し、代金は後で請求して回収するという掛け取引が一般的です。この掛け取引において発生するのが売掛債権であり、売掛債権をもとにして資金に換えてしまう仕組みが買取ファクタリングなのです。

売掛債権の種類

売掛債権には売掛金や受取手形といった種類がありますが、ファクタリングで資金調達のもととなり買取対象となるのは売掛金です。売掛債権という言葉よりも、売掛金のほうが会計処理においてもたびたび登場するため馴染みが深いと感じる方も多いことでしょう。

売掛金は売掛債権の1つのため、言葉の意味は同じです。同じ売掛債権の種類でも受取手形を売却し現金化するために用いられる方法には手形割引などがありますが、こちらはファクタリングとは違って融資という扱いになる点には注意しておきましょう。

ただしいずれにしてもこの売掛債権は、支払いサイトが長めに設定されている場合には後々資金不足に陥りやすいリスクを発生させる可能性があるため注意が必要といえます。

 

支払いサイトとは?

掛け取引で使われる支払いサイトという言葉の意味は、すでにあがった売上分のうち、いつからいつまでの分をいつ支払うのかをあらわします。

欧米では前払いによる取引が浸透しているようですが、日本では欧米と比較すると前払いは一般的ではなく、商品やサービスは先に提供し、支払いは後で行うという流れが浸透しているため売掛債権が発生してしまいます。

そして売掛債権は掛け取引により発生するものであり、支払いサイトが長めに設定されていると回収までの間に様々な支払いが発生し、資金繰りが悪化しやすくなるリスクが高まることを意味します。

資金繰りが悪化すれば銀行など金融機関から融資を受けることも検討することとなるでしょう。しかし銀行など金融機関では資金繰りが悪化している状況でスムーズにお金を貸してくれるとは限りません。もし赤字決算や財務状況の悪化などを理由に、金融機関の審査に通らなかった場合、たちまち資金を調達できなくなってしまう可能性があります。

 

回収を早期化し資金繰り改善を!

個人事業主や中小企業の場合はもともとの資力が高くないため、仕入れ代金や経費の支払いを行うときに、まだ入金されていない売上代金を早く回収できれば…と感じることは少なくないことでしょう。

ファクタリングの中でも買取ファクタリングは、そのような売掛債権を前倒しで入金させたいという場合に利用する資金調達の方法です。

掛け取引で発生した売掛債権を早期に回収する方法を意味する手法でもあり、資金が不足していても入金までの期日を短期化することで資金ショートのリスクを回避できる点が大きなメリットです。

そもそもファクタリングは売掛債権を買取ってもらう方法であり、売買取引です。銀行融資など金融機関からの借入する場合と比較したとき、必要書類も簡単であり審査も柔軟で、さらに即日現金化など対応が早いことが大きなメリットであり特徴といえます。

ファクター(代理商)を意味するファクタリング会社に対して保有する売掛債権を売却し、早期に現金化させて資金繰りを改善させてみてはいかがでしょう。