ファクタリングという言葉は日本でつくられた造語?


ファクタリングという言葉は英語ではなく、日本で使われている造語であることをご存知でしょうか。

では、なぜ売掛金を売却して資金を調達することをファクタリングというのか、その由来などをご紹介します。

 

ファクタリングはファクターから派生した言葉

ファクタリングは英語で「factoring」ですが、この言葉は「ファクター(factor)」から派生した言葉です。

ファクターの意味は、因子、要素、要因なので、商取引のおいては仲買人や代理商、問屋といった意味で使用されるでしょう。

資金を調達する取引であるファクタリングは、保有する売掛債権を売って現金化させるため、代理商という意味で付けられたと考えられます。

カタカナ英語のファクターの意味

また、カタカナ英語のファクターは、ビジネスの場面でコンサルタントなどが使用する言葉でもあります。

たとえば、リスクの要因となるものをリスクファクターと呼んだり、経済を成り立たせる要素を経済ファクターといった言葉に置き換えて使います。

 

ファクタリングとはどのようなサービスなのか

ファクタリングとは、ファクタリング会社が売掛債権を買取って現金化するサービスです。

売掛債権とは、まだ回収していない代金を相手に請求できる権利のことを指します。日本の商取引では、先に商品やサービスを販売・提供して、その代金は後に請求を行い、回収するという掛け取引が一般的ですが、この掛け取引において発生するのが売掛債権です。

 

日本では掛け取引が一般的

月末締め翌月末払いの支払いサイトであるということは、掛け取引においていつからいつまでの売上分をいつ支払うのかをあらわしています。

欧米では前払いによる取引が浸透しているようですが、日本の場合は、商品やサービスは先、支払いは後という流れが浸透しています。

ただ、この掛け取引により代金の回収までの期間に、様々な支払いが発生して資金繰りが悪化する企業は少なくありません。

 

ファクタリングなら売掛債権の入金を前倒しできる

個人事業主や中小企業の場合、もともとの資力が高くないため、仕入れ代金や経費の支払いを行うときに、まだ入金されていない売上代金を早く回収できれば…と感じることは少なくないでしょう。

ファクタリングは、そのような売掛債権を前倒しで入金させたいという場合に利用する資金調達の方法です。

掛け取引で発生した売掛債権を早期に回収する方法と言い替えることもできるので、もし支払いに充てる資金が不足していても、入金を早めることで様々な支払いが可能となります。

ファクター(代理商)であるファクタリング会社に保有する売掛債権を売却し、早期に現金化させて資金繰りを改善させてみてはいかがでしょう。