財務キャッシュフローがマイナスなのは悪い状況?


財務キャッシュフローとは、企業の資金がどのように調達、そして返済されているかをあらわす指標です。お金を借りると企業にお金が入ってきますが、入って来た現金、そして返済や配当金を支給することでお金を支払った際の差額を見ることができるでしょう。銀行借入での資金調達、そして返済によって構成されますので、現在資金を調達する必要があるかを判断する材料とすることが可能です。営業や投資活動を行っていくために、資金をどのように調達していくのかが問題になりますが、財務キャッシュフローを確認した際にマイナスをあらわしている場合にはどのような状況にあると言えるのでしょう。

事業が不調の場合のキャッシュフロー

事業の資金繰りが苦しい場合、銀行借入で資金繰りを行うことになります。お金を借りて資金を調達した場合、借りたお金であっても手元の資金が増えますので財務キャッシュフローはプラスになります。反対に営業キャッシュフローと投資キャッシュフローはマイナスをあらわします。営業キャッシュフローは企業の業績に当たるものなので、マイナスになっているということは業績が悪いということの表れです。また、投資キャッシュフローは、固定資産の取得や売却の増減によるキャッシュの量をあらわします。投資キャッシュフローがマイナスになるのは必要な事なので、投資が少なすぎる場合には営業キャッシュフローが改善しませんし、投資が大きすぎると企業全体のキャッシュフローが悪化してしまいます。

事業が好調の場合のキャッシュフローは?

本業が好調の場合、資金にも余裕が出てくるため、借入金があっても稼いだお金で返済に充てることができます。借入金の返済をしていくことで現金は減り、財務キャッシュフローはマイナスをあらわします。営業キャッシュフローはプラス、投資キャッシュフローはマイナスとなります。

著しい成長の企業の場合

本業が好調で多く稼げている場合でも、稼いだよりも多く投資を行うために銀行借入や社債発行などで資金を調達すればキャッシュフローはプラスになります。また、営業キャッシュフローはプラス、投資キャッシュフローはマイナスをあらわします。成長が著しい企業の場合、資金調達を借入金などで増やしていく傾向が強くなることからプラスになると考えられるでしょう。お金を借りると借金が増えて良くないイメージがあるかもしれませんが、将来的に借入金を上回る業績を上げることが出来れば問題ないとも考えられます。

経営状況を把握するための指標として活用可能

財務キャッシュフローは今後の経営状況を把握するための指標として活用することができます。例え資金が増えても返済能力がどの程度備わっているかを考慮していく必要があるでしょう。

正しく経営状況を分析するためには?

業績の良い企業の場合、財務キャッシュフローは一般的にマイナスをあらわしていることが多いです。これは企業が資金面で余裕があり、借入金を調達する必要がないからと言えるでしょう。ただし正しく分析するには、財務キャッシュフローだけでなく、営業キャッシュフローや投資キャッシュフローもあわせて分析していくことが必要です。総合的な判断をしていくようにしましょう。