事業資金の返還計画ってどうやって作るべき?ポイントは?


事業資金の融資を受けるときにも、実際に融資を行うときにも避けることができないのが返済の計画です。事業資金の返済を行うためには様々な工夫や努力が必要になりますが、この計画の立て方や銀行へのアピールのやり方一つで新生姜大きく変わり、銀行の融資の通りやすさが変わってきます。事業資金の融資に関して欠かせないポイントを皆さんにご紹介いたします。

1事業資金の返還計画

事業資金の返還計画を立てるにはまず、事業資金を何年で焼却するのかをまず算定します。このときに重要なのが理想的すぎる数値を出さないということです。事業を行うに当たり、理想的すぎる数値を返還計画を出してしまったとしても銀行の行員はこの数値を簡単に見抜くことでしょう。当初の予定より1年半〜2年程度長く返還予定期間を設定し、この期間をもとに続いて金利を算定して行きます。

融資を受けるときには金額も重要なヨウ素ですが、金額の決定にも注意したいポイントがあります。一昔前は事業の刷新や店舗のリニューアルの費用も見込んで資金の融資を受けることが一般的だったのですが、最近ではこのような事業資金の融資を認めてくれる傾向が少なく、いま現在ではこのような資金が必要になったときに再度事業資金の融資を受けるというのが一般的な流れになりつつあります。金額決定の参考にして見ましょう。

2返還計画の注意点

返還計画を考えるときに注意したいのが返済の方法です。元利均等返済方式をとる金融機関が一般的ですので、基本的には元利均等返済方式を採用して資金返済を考えます。返済開始時期には初年度から返済を始める方式と1年間返済を猶予し、次年度から返済をスタートする方式がありますが、どちらを選択するのかは企業の体力によります。しっかりと注意しておきましょう。

3返済が厳しくなったときには

返済が厳しくなったときにはリスケジュールを行うのが一般的ですが、リスケジュールを行う前にまずはできる限りの対策を立てることが求められます。経費の削減や売掛金の回収を行うのはリスケジュールの前に欠かせないポイントです。売掛金の回収を早急に行いたいと思う場合にはファクタリングなどの売掛金の現金化が欠かせません。ファクタリングを行うときには売掛金の引き受け企業に出向きファクタリングの依頼を立てるだけなので、非常にシンプルです。最近ではどの企業もファクタリングを利用するようになってきています。リスケジュールをする必要がないようにファクタリングを利用する企業も増えつつあります。しっかりと企業の安定経営を行うために、もファクタリングを有効活用しましょう。