DOCUMENT MOVIE

金融最前線

一刻を争う、資金調達。
救われた企業の経営者さま、そしてPMGの担当は、その刹那に何を感じ、どう動いていたのか。
日常のめまぐるしい時間の中で、確かに救われた人が、企業があった。
それが企業の、経営者さまの、そして金融の最前線であると信じて。
PMG利用者さまと弊社担当が過ごしたその瞬間を感じ取る、ドキュメントムービー。

story 1

信用信頼を、積み重ねていく第一歩に。

トラックの乗務員が全員ブラジル人という異色の会社。創業にあたって言葉の壁、信用信頼の壁、 融資に向けての壁―様々なハードルと現実にぶつかる中で、 売掛債権早期資金化サービス事業の利用を検討。協力してくれるという意志の強さと、 どのように資金調達できるかまでを二人三脚で考え、資金調達に希望を見出すことができたという。
既存の金融機関との取引が難しい中でも試行錯誤しあらゆる手段を共に考えてくれたことで、 PMGとの信頼関係が構築できたそう。
その取り組みの継続こそが、いまの事業を継続できている理由になっている。
人口減少社会が目前に迫る中で、決して他人事ではない取り組みにつながっている。

story 2

資金調達こそ、「時は金なり」。

セラミック応用製品の製造・販売会社。お客さまからの入金遅れが発覚し、 急に資金難に陥る。僅か 2 日という期限が迫る中で、売掛債権早期資金化サービス事業の存在を思い出し、 資金調達を希望された。
スピードが要求される厳しい状況においても、調達における資料準備や手続きに至るまでを寄り添い、 わずか 1 日で実現にこぎつけたことに、驚きと満足を感じたという。
既存の金融機関では成しえなかった資金調達のスピードこそ、 PMG を本当に頼りにしてよかった!という信頼関係に繋がった。
経営判断にこそ要求される時間との戦いに、本当の意味でお役に立つ資金調達手法を提供している。

story 3

本当の悩みは、その先にある。

建設下請け業を営む会社。活況を呈する中で、資材仕入れの遅れから工事が長期化。
入金の遅れから経営を圧迫する事態になっていた。
そんな中、リースで購入した資材への金融機関の融資が月末になってしまう事態が発生。
運転資金調達に利用されたお客さまからの紹介で PMG の門を叩いた。最初は半信半疑だったそうだが、 親身になって相談に応じた営業担当と、 即座に疑問解消と資金調達に対応したことで、信頼できると感じられたそう。
以後、本質的な悩みであった運転資金調達などの経営改善にも気づくことで、 あらためてご提案。二人三脚で取り組むことで、資金難を脱出していった。