今日のPMG

2022.11.01 / 最終更新日:2022.12.02

PMG×Chatwork業務提携のお知らせ

PMG×Chatwork 業務提携

圧倒的な中小企業への支援数誇るChatworkと業務提携

売掛債権早期現金化のサポート体制整う

資金調達を「Chatwork DX相談窓口」にて情報提供 11月01日

ピーエムジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:佐藤貢)は、Chatwork株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役CEO:山本正喜)

と業務提携契約を締結し、2022年11月01日(火)より、『Chatwork早期入金powered by PGM』の提供を開始しました。

 

    

 

■売掛債権を早期に現金化、中小企業の資金繰りを改善する支援サービス

当社は、売掛債権の買取により、売掛金を本来の支払期日よりも早く現金化し、資金調達する仕組みである「売掛金早期資金化サービス」を提供しています。

この度、国内利用者数No.1のビジネスチャット「Chatwork」を展開し、メール、電話、会議にかわる次世代のビジネスコミュニケーションツールとして、

企業の業務効率と生産性向上を支援するChatwork株式会社と業務提携契約を締結しました。

当業務提携により、Chatworkが提供する中小企業向けIT活用案内サービス「Chatwork DX相談窓口」において当社サービスを情報提供し、資金調達を支援します。

当サービスの開始により、当社が提供する売掛債権の早期資金調達サービス(ファクタリングサービス)の利用機会が増えることにより、中小企業の資金面での救済加速に貢献できます。

 

 

 

新たに提供を開始する本サービスでは、当社独自の与信審査により最短即日の現金化が可能です。また買取対象となる売掛債権は最小50万円から最大2億円と、

幅広い買取可能額も特徴のひとつであることから、少額かつ急な資金調達ニーズにも対応できます。

さらに取引先企業への通知や債権譲渡登記は原則不要なので、利用企業は取引先からの信用への影響を心配することなく資金調達が可能です。

 

日本国内の商取引は、一般的に代金を後払いする売掛によっておこなわれることがほとんどです。しかし、この商習慣によって売上があるにもかかわらず

資金不足に陥ってしまうといった企業の資金繰り悪化の原因となることも少なくありません。

本サービスは、そのような背景において、企業が所有する売掛債権を売却することで、早期の資金調達を実現することができるファクタリングサービスの認知拡大と

利用機会の創出を図ります。

 

当社はこの度の業務提携を通じて、中小企業における資金繰りの改善を支援するとともに、事業成長を重視した経営をサポートすることで、

より多くの中小企業経営者と「二人三脚」で未来を創る一翼を担っていきます。

 

【サービス概要】

 サービス名 :Chatwork早期入金powered by PGM

提供開始日 :2022年11月01日(火)

サービス内容:Chatwork株式会社との業務提携により、「Chatwork DX相談窓口」を通じて情報提

供を受け売掛債権の買取をおこないます。それにより相談した企業は所有する売掛債権

(売掛金)を早期に資金化でき、資金繰りの改善や事業拡⼤への投資が可能になります。

 

【Chatwork株式会社について】

  「働くをもっと楽しく、創造的に」をコーポレートミッションとして掲げるChatwork株式会社は、国内利用者数No.1のビジネスチャット「Chatwork」を主力事業として展開しています。「chatwork」は、中小企業を中心とした民間企業、教育機関、官公庁など365,000社以上に導入され(2022年6月末時点)、各組織の生産性向上やコミュニケーション活性化に貢献しています。

(※Nielsen NetView及びNielsen Mobile NetView Customized Report 2022年5月度調べ(MAU:Monthly Active User)調査。調査対象はChatwork、Microsoft Teams、Slack、LINE WORKS、Skypeを含む47サービスをChatwork株式会社にて選定。)

 

代表取締役CEO:山本 正喜(やまもと まさき)

会社設立:2004年11月11日

事業内容:ビジネスチャット「Chatwork」の提供

コーポレートサイト:https://corp.chatwork.com/ja/