ご利用事例

2021.02.26 / 最終更新日:2021.02.28

債権譲渡登記設定が原因で取引先が撤退されたお客様の事例

いつもピーエムジーご利用事例をご覧いただきありがとうございます。

 

債権譲渡登記設定の有無をきっかけに、弊社を選びご利用くださったお客様のお話です。

 

その方は建設業を営むお客様で、一年程前から他ファクタリング会社にて資金の調達を行なっておりました。

 

契約時に他ファクタリング会社には大した説明もされずに、

何気なく債権譲渡登記の設定を承諾して継続的な取引を1年ほど続けていたある日の事。

突然取引先の社長から連絡が入り、

債権譲渡登記を閲覧した、

すぐに抹消ができないのであればこれ以上取引を継続する事ができないと指摘を受けてしまったようで、

ファクタリング会社と契約中という事もあり、すぐに抹消をする事が困難で

取引先が撤退してしまい、今回相談をお受けして弊社で現在安心してご利用をしていただいております。

 

弊社はお客様を第一に考え、常に寄り添い、即日のご対応をさせていただいております。

今回のようなアクシデントが起きないように、

弊社は債権譲渡登記を設定しないご契約も可能ですので、

お気軽にお問い合わせください。

 

ピーエムジー株式会社

第二営業部 嘉代