今日のPMG

2022.07.23 / 最終更新日:2022.07.23

新型コロナ第7波について

いつもピーエムジーのブログを読んで下さりありがとうございます。

ピーエムジー株式会社の木村と申します。

 

今回は新型コロナ第7波による経済影響、また医療の逼迫問題についてのお話になります。

現在新型コロナ第7波により、全世代で一斉に感染者が急増しております。

前回の第6波を超す勢いで急速に拡大しており医療逼迫がまた問題になっております。

救急搬送困難が深刻化しており搬送ができない事例が相次いでいるそうです。

これは医療だけでなく、また緊急事態宣言などが発令されることによる経済の混乱も懸念されると考えられ、

この先どうなるのかがまた注目されています。

 

医療従事者の感染も多数確認されており、新型コロナワクチンの効果減衰がかんがえられると言われており、

4回目、5回目のワクチン接種が始まるかもしれません。

 

 

建設業、運送業もそうですが一人休むだけでも工期や配達が回らなくなり、

本来の期日請求日までに請求をあげられずなんてこともよくあるとお聞きします。

 

 

そんなことが起きない様 感染対策、予防はしっかりとしこのコロナ問題を乗り越えていきたいと強く思います。

 

 

話は変わりますが、日銀がついこの間金融緩和策をこのまま維持すると発表いたしました。

それはいいことですが、今後このまま円安が進むとこのさらに先の未来が厳しくなることが予想されます。

「一部弱めの動きも見えますが、基調としては持ち直している」

「新型コロナウイルスの感染症が影響和らぐことで持ち直している」

 

と言われていますが、総合金融サービスを提供しているピーエムジーでは持ち直しているという感じは一部でありほとんど感じられません。

 

 

一刻も早くコロナウイルスが収束し、経済が元に戻ることを切に望みます。

 

反響集客課

木村 武司