今日のPMG

2020.02.14 / 最終更新日:2020.02.14

個人向けの給与ファクタリングについて

給料ファクタリング
最近増えてきています。

暖かいのか寒いのか、
変な冬〜という感じの今日この頃
ファクタリングをしたいんですが、できますかー?
とお電話をいただきます。

話を聞いていくと、、事業をされている方ではなく個人の方で、給料日前に給料が欲しいのでファクタリングをしたいという、俗に言う給料ファクタリング。

ピーエムジーでは事業者の方の売掛債権を対象にファクタリング業務をしておりますので給料ファクタリングはおこなっておりません。

給与債権を譲渡し給料を前借りする給料のファクタリングですが、労働基準法は給与について原則、労働者へ直接支払いと定めており、債権譲渡された第三者への支払いを禁じています。

つまり三者間契約は成立しないことになる。

仮にファクタリング業者への給与の譲渡が明らかになれば労基法違反に問われる可能性があるのは給料を支払う会社側である。

合法か、違法かというところは裁判の判例に委ねるが、

私が思う問題点は給料の前借りをすることが計画的かどうかというところ。

前借りする理由は様々あると思うが、
もし、借金を延滞しているなど、いわゆるブラックリストに載っていて消費者金融から借りられない人だったらどうでしょうか?

新たな資金調達方法と聞けば便利なものかと感じるが

給料をファクタリングし前借りすることにより結果的に首を絞めてしまうことに懸念を感じます。

法人による売掛債権のファクタリングも同じようなことが心配です。

負担していただくお金は銀行借入の金利よりもファクタリング手数料の方が高い場合が多く、ファクタリング手数料によって首を絞めてしまうのではないかと懸念を感じます。

弊社では自社の利益の前に

お客様にとって最適なご提案をさせていただいております。

その為、ご希望の金額を下回るご提案やお断りをさせていただくということもございますが、その際にも最適なご助言やご提案をさせていただきます。

ファクタリングサービスをご利用いただく前にはぜひとも計画を立てていただいた中でのご利用をお願いします。

私たちピーエムジーはあなたのことを一番に考えております。

最後までお読みいただきありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。

ピーエムジー株式会社
営業1課
石井