今日のPMG

2019.10.11 / 最終更新日:2019.10.11

誤った契約をしていませんか?他社から乗換えのお客様の実例

いつもオフィシャルブログをご愛読頂き誠にありがとうございます。

営業1課の高橋でございます。

今回は私が担当させて頂いたお客様のお問い合わせ内容のお話しをしたいと思います。

ある日、建設会社の代表様からご連絡頂きました。

今現状でファクタリング業者を5回使っていても手数料が下がらないから乗り換えも考えている、話を聞きたい、
とお問い合わせ頂きました。
私はお問い合わせ頂き、すぐにお名刺交換並びに状況を把握したくご面談させていただきました。

早速会社の事業内容や、今利用しているファクタリング業者のお話をお伺いし、改めてファクタリングの仕組みを説明させて頂きました。
一通りのご説明をした時、建設会社の代表様からこんなお話がありました。

今使っているファクタリング業者は契約の時毎回元請けに電話をしてくださいと言われるんですけど、ピーエムジーさんもありますよね?
入金があるかスピーカーで聞かせてください。
などと言われ、これがファクタリング契約なのかと思い渋々契約を行なっていたという衝撃的な事をお話頂きました。

二者間ファクタリングで契約しているにも関わらず元請けに確認をしている。
また契約書上で連帯保証人なども追加されている。
担保をしっかりと保有している契約でファクタリング契約とは程遠い契約だと私は思いました。

なぜ、他の会社などにも聞いてみなかったのですか?と建設会社の代表様に聞いたところ、申込したら契約違反になるなど事実無根の事で脅されてしまっていたとのことです。

その中でピーエムジーにお問い合わせ頂いた理由を聞くと個人情報のPマークを持っていてしっかりとオフィスを構えているから信用できた。ととても嬉しいお言葉を頂きました。

お問い合わせ頂き初めて建設会社の代表様は本来の二者間ファクタリングの意味を理解していただき
潤滑に資金を動かす事ができ満足していただきました。

日本の企業間の取引では、先に商品やサービスを提供し、後から代金の回収をする信用取引が一般的です。
ファクタリングを使うことにより資金難になるリスクがなくなり潤滑に資金を回すことができますが
ファクタリングを装っている闇金業者がいるのも事実です。

資金繰りに切羽詰まっているときは焦燥し落ち着きを失ってしまう状態に陥りがちですが、
一旦冷静になって利用前にファクタリング会社が本当に優良業者かどうか確かめるようにしましょう。

初めてでわからない経営者様、今現状ファクタリング業者を使ってる経営者様
騙されたと思って一度ピーエムジーまでお問い合わせください!

私達一同お話をお伺いし経営者様の役に立てる活躍をする事が1番です。
会社の従業員にもお話できないこともあるかと思います、小さな悩みでもぜひご連絡ください!

ピーエムジー株式会社
営業1課高橋