今日のPMG

2017.09.13 / 最終更新日:2017.09.13

ファクタリングをご利用頂くうえでの注意点をお伝えさせて頂きます

皆さん初めまして、本社営業部の田中と申します。

本日、初めての投稿になりますので宜しくお願い致します。

今回ブログでご紹介させて頂くのは、ファクタリングをご利用頂くうえで注意して頂きたいことを、ご紹介させて頂きます。

ファクタリングとは、売掛債権の買い取りになるということはご存知の方がほとんどだと思います。

債権をファクタリング会社に譲渡するということは、ファクタリング会社が債権者になるということです。

そのお取引の中で、同じ債権を二重でファクタリング会社に譲渡したとしましょう!

するとどうなるか・・・・・・

まずA社というファクタリング会社に債権を譲渡します。のちにB社にもファクタリングを依頼し、同じ債権を利用したとします。

同じ債権を利用していますので当然、お戻し頂く期日も同じになります。

この様な状況に陥った時は、トラブルの原因です。

この期日にA社・B社のどちらかに戻せなくなると、売掛先様に通知が出てしまう可能性があるということ。そうなると、今まで長くお付き合い頂いていた会社とお取引できなくなる可能性にも繋がりますので、ファクタリングをご利用頂く際には二重譲渡しないということをご理解頂き、ご利用下さい。

ご利用するにあたってのご相談または、現在ご利用頂いていての不安などあればご相談下さい。

 

今後とも宜しくお願い致します。