中小企業が気にする赤字にも種類がある?決算書で注目したい利益とは


中小企業は赤字経営だと倒産してしまうと勘違いしていることがありますが、決算書上、赤字が続いたとしても必ずしも倒産するわけではありません。

会社経営において利益が出ず、赤字が続くことは確かに問題ではありますが、それがすぐに事業継続に支障をきたすわけではないのです。

ただ、決算書上、赤字といってもどの利益がマイナスを示しているのでしょう。そこで、決算書の中の利益の種類や、それぞれが示す意味をご説明します。

 

利益の種類とそれぞれの意味

赤字決算とは、収入よりも支出が多い状態によって利益が出ず、マイナスになっている状態です。

ただ、利益には売上総利益、営業利益、経営利益、税引前当期利益、当期純利益と種類がいろいろありますので、それぞれ何を示すのか内容を把握しておくようにしましょう。

売上総利益

売上総利益とはいわゆる粗利益のことで、売上高から売上原価を差し引いたときの利益です。

営業利益

売上総利益から、どのような経費を使っているかを示す販売費および一般管理費を差し引いた利益が営業利益です。これは会社の本業による利益なので、この利益に注視することが必要といえます。

経常利益

営業利益に営業外収益を足し、借入金の利子など営業外費用を差し引くと経常利益が出ます。

税引前当期利益

経常利益に対し、本業とは関係のない部分で発生した特別利益を合わせ、反対に固定資産売却損など本業と無関係の損失を差し引けば税引前当期利益を算出できます。

税引後当期純利益

最後に、税引前当期利益から法人税等を差し引き、最終的な会社の利益である当期純利益が算出できます。

 

どの利益に注視するべきなのか

税引当期利益や当期純利益だけを見ても、何が問題で赤字になっているか確認できません。なぜならこれらの利益には、固定資産売却益といった一時的に生じた損益も含まれるからです。

そこで会社の本当の実力を知りたいのなら、経常利益に注意する必要があります。経常利益とは、事業活動による結果の利益なので、本業で得た儲けに利息など財務活動の損益を含めた結果です。

銀行融資の際に決算書を提出した際にも、まず担当者はこの経常利益を確認するでしょう。

当期利益はプラスなのに経常利益がマイナスの場合

当期利益はプラスでも、経常利益が赤字や少ない利益の場合、本業とは無関係の臨時的な収入がなければ経営が危ういことを示すので、最終的に利益が出ていても銀行からの評価は上がらない可能性があります。

経常利益は黒字で営業利益が赤字の場合

さらに、経営利益はプラスでも、本業による利益である営業利益が赤字だと、本来は赤字だったはずなのに雑収入などで補てんしていることを示します。そのため、なぜ本業で黒字にならないのか、その原因を確認しなければ経営が危機的な状況となるかもしれません。

経常利益は赤字で営業利益は黒字の場合

反対に経常利益はマイナスなのに、営業利益はプラスという場合には、借入金の金利負担が重くのしかかっている可能性が考えられます。

 

儲けを出して赤字経営から脱却を

決算書上の利益はいくつか種類があり、それぞれの利益が何を示すのか理解しておかなければ、赤字になっている理由やどこに問題があるのか把握できません。

粗利益である売上総利益を上げていかなければ、儲けを出せない会社となってしまう可能性もあります。

それぞれの意味を理解しておき、本業でしっかり儲けを出して赤字経営から脱却できるようにしましょう。