大企業と中小企業の資金調達の違いは何?最近の動向は?


大企業と中小企業は事業規模も大きく異なり、しっかりと資金調達を行うためにはそれぞれの資金調達の特徴をよく理解することが非常に重要です。大企業と中小企業の資金調達の基本的な知識を身につけ、しっかりと経営に反映させるようにしましょう。

1大企業と中小企業の資金調達

大企業と中小企業はそれぞれ全く異なる資金調達を行います。大企業が行う資金調達は経営的な安定性・他の企業からの信頼を活かして銀行からの融資を多額に得たり、株式を発行することで十分に資金を確保することができますし、そもそもの企業としての大きさが異なっているので、非常に大きな資金調達ができます。やはり株式の発行部数と銀行の融資の大きさを活かした習慣は非常に大きな存在ですが、このような方法は中小企業が利用するのには限界がある方法です。

中小企業が行う資金調達は銀行からの融資に頼ることもあるのですが、銀行以外の資金調達の手段が非常に大きなウェイトを占めています。特に中規模の企業よりも小規模の企業の方が資金調達力に乏しく、適切な手法をよく理解することが非常に重要です。中小企業に見合った資金調達手段をしっかりと理解しておきましょう。

2中小企業の資金調達

中小企業の資金調達を行う上で一番みなさんに知っておいていただきたい方法がファクタリングです。ファクタリングは企業の資金調達を考える上で重要な方法で、最近になり多くの企業が利用を始めています。

ファクタリングは売掛債権をファクタリング企業に売却することで行う資金調達で、ちょうど手形の割引と同じようなやり方で資金調達ができ、本来であれば時間がかかる売掛金の回収を非常に短時間でできるというメリットがあります。

ファクタリングはファクタリング企業に売掛債権を持ち込み、審査を受けることから始まります。審査を受けてファクタリング企業から手数料分だけ差し引かれた金額を支払われるまでの日数は企業によって異なっているので、事前によく調べておきましょう。

3ファクタリング企業の選び方

ファクタリング企業を選ぶにはいくつかの注意点が必要です。ファクタリングを考えるときにはまず、手数料・審査日数・取扱債権の3つの要素で企業選びをすることが非常に重要です。

取扱債権が異なってしまうとそもそもファクタリングを受けられないことがありますし、支払いまでのスケジュールが合わなければ資金調達に失敗してしまいます。しっかりと支払いについての情報まで入念に調べた上で資金の調達を考えるように心がけておきましょう。