資金調達の手法の1つである社債を発行する方法とは?


企業が資金を調達するために、銀行からの融資や株式の募集などが真っ先に頭に浮かぶと思いますが、他にも社債を発行するという方法があります。
社債は企業が発行する債券で、投資家から資金を集めることができる手法ですが、金利の定めがあり償還も必要になることを理解しておくことが必要です。
多額、さらに長期の資金を調達する方法として活用できますので、その内容をしっかりと理解しておきましょう。

以前は中小企業で社債発行はできなかった?
株式会社以外の会社が社債を発行することは改正前の商法では認められていませんでした。しかし新会社法により中小企業においても少人数私募債の発行で資金調達が可能になったことにより、銀行融資と増資以外の新たに活用されている手法です。

社債の種類とは?
社債には公募債と私募債がありますが、公募債は50人以上の不特定多数の投資家を対象とした債券、私募債は少数の投資家に対して発行される債券です。
私募債は金融機関などの適格機関投資家を対象に発行するものであるプロ私募債、50人未満の投資家に発行される少人数私募債があります。

社債発行を行う条件とは?
中小企業が利用しやすい社債は少人数私募債ですが、発行するにはいくつかの条件があります。
発行の条件は、募集は50人未満であること、購入者に適格機関投資家がいないこと、社債総額を最低券面額で割った数が50未満であることです。

社債発行のメリットとは?
社債権者は株式ではありませんので経営に参加する権利はありません。社債を発行しても経営に干渉されないという部分が企業にとってのメリットになるでしょう。
さらに社債は取締役会の決定で発行可能となりますが、調達した資金は使途が限定されていません。
償還期間も長期に設定できますので、利子のみを支払っていれば良い上に金融機関からの融資よりも金利負担は軽くなります。

社債発行のデメリット
ただし社債を発行することで事務手続きは増え、管理や作業の負担が発生します。社債は株式とは違い借金ですので、債権者に弁済をしなくてはいけないという部分も注意が必要ですし、償還のための積み立ても必要になります。

社債を活用するか再度検討を
金融機関以外から資金を調達する際、社債の発行を検討することもあるでしょう。少人数私募債は中小企業が互いに協力し合って成長していくための仕組みだとも言えます。ただし社債は借入と同じだということは認識しておく必要があります。
借入をこれ以上増やしたくないけれど資金調達の必要があるという場合には、他にも売掛債権を活用したファクタリングという方法もあります。
資金調達の方法は1つではありませんので、迷った時には専門家などに相談して自社に合う方法を見つけることも大切です。