事業に欠かせない資金繰り!適切なお金のやりくりで安定した経営を


資金繰りとは、事業を営む上で必要な経費や人件費、借入金の返済などが滞りなくできるように、資金の動きを把握しておくなどお金のやりくりのことです。

お金のやりくりである資金繰りを安定させるため何が重要なのかというと、それは実績と予測です。

そこで、安定した資金繰りの中で事業を営むことができるように、適切なお金のやりくりの方法をご説明します。

 

重要なのは実績と予測

経営する上で欠かせない資金繰り。その資金繰りを安定させるお金のやりくりに実績と予測を重視することは欠かせません。実績とはこれまでのお金の動きであり、予測とは将来のお金の動きのことです。

この両面のお金の流れを把握することで、お金がなぜ増えているのか、そして減っているのかという要因を把握することができるようになります。

実績をベースに将来の動きを予測していくことが必要になるわけですが、それによりピンチを迎える前に事前の対策が可能となるでしょう。これらの実績と予測をあわせた予測こそが資金繰りであり、適切なお金のやりくりです。

 

倒産するのは手元のお金がなくなるから

手元のお金がなくなれば、どれだけ売上があがっていても、利益が出ていても会社は倒産します。反対に、どれだけ赤字経営が続いていても手元のお金さえ尽きさせなければ会社は倒産しません。

資金繰りを安定させることは経営を安定させることであり、資金繰りを改善させることは会社を発展させることに繋がると理解しておくべきです。

 

資金繰りを改善させるために必要なこと

もし資金繰りが悪化していてお金のやりくりに困っているのなら、お金を集めることや増やすことを検討しましょう。

銀行からの融資、経営者からの借り入れ、売掛金の現金化など様々な方法がありますが、一時的な改善に留まるのでは意味がありません。

抜本的な対策を講じず同じ状況が継続されるのなら、結局はまた資金繰りが苦しくなってしまうからです。状況が苦しくなればなるほど、今度は融資を受けてお金を補うこともが難しくなってしまいます。

 

安定した資金繰りに必要なお金のやりくりを

以上のことから、資金繰りを安定させるお金のやりくりを実現するのは、収入と支出の流れを見直すことが最も重要であるといえるでしょう。そのためにはこれまでの実績を分析し、将来的なお金の動きを予測することが必要です。

お金の収支による動きを把握することで、資金が不足しやすい問題点がみえてくるはずです。浮き彫りになった問題点をひとつずつ対処していくことで、資金繰りを安定させることができるでしょう。