企業経営で重要となるキャッシュフローのあらわす意味とは?


企業経営を行う上で、キャッシュフローという言葉が頻繁に使われる場面があります。財務状況を把握する上で非常に重要となることを意味する言葉ではありますが、どのようなことを意味するのかご説明します。

 

キャッシュフローとは何をあらわすのか

キャッシュフロー(cash flow)とは、一定期間でのお金の流入や流出など流れを意味しており、企業や財務の活動で得た収入から支払いなどを差し引き、実際に手元に残るお金を意味します。

損益計算書とは違った実情に即したお金の収支を把握できる部分のため、例えば売掛金など、将来入金される予定のお金はキャッシュフロー計算書に含まれることはありません。

 

キャッシュフロー計算書とは

企業経営の状況を現預金の増減によって明確にする会計手法のため、欧米の企業にはこのキャッシュフローに基づいたキャッシュフロー計算書の作成が義務付けられています。

日本の場合は、1999年度から、上場企業に対しては財務諸表の1つとしての作成が義務付けられるようになりました。

中小企業の場合、義務付けられてはいませんが、一定期間のお金の流入出を把握することができる書類のため、資金繰り管理という意味でも作成したほうがよいといえるでしょう。

 

損益計算書でキャッシュフローは把握できない

流入するお金はキャッシュイン、流出するお金をキャッシュアウトといい、それらの流れ(フロー)なのでキャッシュフローといいます。

日本の商取引では、商品やサービスを販売・提供し、そのときには代金を受け取らず、後日後払いで支払ってもらうことが一般的です。そのような掛け取引においても、先に帳簿上はその代金が売上として計上してされます。

そのため、決算書の損益計算書に記載される売上高や純利益などは、実際のお金の流れとは即していない状態です。

 

なぜキャッシュフローを確認する必要があるのか

企業経営の中で、材料や製品の仕入れ、従業員の給料、その他経費の支払いに必要なお金が、実際に手元にどのくらいあるのか把握しておくことはとても大切なことといえます

もし手元にどのくらいのお金があるか把握できていないと、実際に支払いをする場面で不足が生じることとなり、資金がショートすれば会社は倒産してしまうからです。

利益は意見、キャッシュは事実ともいわれるほど、キャッシュフローを知っておくことは企業経営において極めて重要なことであると理解しておきましょう。