辛い資金繰りはどう乗り越える?知っておきたい解消法


資金繰りで困った時にみなさんはどのように対応するでしょうか。資金繰りというのは様々な原因で悪化していきます。資金繰りが辛くなった時にとっておきたい資金調達法と資金調達の前にやってきたい適切な対応をご紹介いたします。

1資金繰りが苦しいときは

資金繰りが苦しいときというのは経営者にとって非常に頭を悩ませるものではないでしょうか。資金繰が苦しくなった時にはまずしっかりと資金繰りの悪化の原因を解消しておく必要があります。資金繰が苦しくなる原因は資金の不足による場合と、資金が停滞している場合の2通りです。どちらの原因でも資金繰が悪化してしまうのですが、原因が異なるので、取るべき対応が異なってしまいます。適切な対応ができるように基本的な解消法を熟知しておく必要があり、このためにも原因の分析を徹底するようにしましょう。

2資金が不足している場合には

資金が不足している場合には資金を借入するか、社債の発行を通じて資金を集めなければいけません。銀行から資金の借入を行う場合には銀行の審査を受け、資金の調達を行わなければいけませんが、資金が不足しているような状態の企業は往々にして経営難に陥っていることがあります。このような状態の企業に銀行が資金提供を行ってくれるとも限らないので、確実性に乏しく、万が一資金提供を見送られた場合には倒産などのトラブルを経験するきっかけになってしまいます。このため、資金繰が悪化している時には銀行よりも先にノンバンクなどの資金調達を考えて見るのも一つの手です。

資金不足に陥ってる時には借入が必要になるので、しっかりと日常的に借入先の把握をするように努めましょう。

3資金の停滞を解消する

資金の停滞を解消する時にはまずファクタリングという方法が良いでしょう。ファクタリングは売掛金の早期現金化手段で、売掛金から手数料を差し引いた金額をファクタリング企業に売却することで資金を手に入れることができます。

売掛金が発生している時には売り上げとして計上されているので、資金確保ができているような錯覚に陥ってしまうのですが、実際に資金が振り込まれるまではかなりの期間がかかります。このため、資金不足に陥った時にはファクタリングによって売掛金を早期に現金化し、流動する資金を増やさなくてはいけません。

資金というのは循環して初めて利益を生み出すことができるのですが、このことを明確に意識しなければ経営効率が下がったままでも気がつかずに過ごしてしまうことがあります。資金不足に陥った時にはファクタリングで資金の流動化を行うように意識を変えておきましょう。